月別アーカイブ: 2015年1月

ニンジンで自家製天然酵母を作る。仕込み完了

ニンジンで作る自家製天然酵母

自家製天然酵母でのパン作りの世界にハマりそうです(^.^)

一般的なパンも作ったことが無いのですが、今回はビビビーーンときちゃいました。

私は元々、畑の土作りのために自分で堆肥を作ったり、ヨーグルトを作ったりすることが好きなので、自家製天然酵母でのパン作りにも興味を持ってしまったわけでございます。

どのような点に興味を引かれたかと言いますと、パン作りのための材料です。

必要な材料は、
・自家製天然酵母液
・強力粉
・塩

たったこれだけでパンが作れちゃうというわけなのでございます!
私がパンを好んで食べない理由の一つに、原材料があります。
たっぷりの砂糖やバターや化学調味料。。。

小洒落たパン屋で女子が甘そうなパンを買って食べる。
「これ美味しーい!だった甘いもーん!」

そら砂糖入ってたら何でも甘くなるわー!

と思ってしまうわけです。笑
(※女子という集合を批判したつもりはありません!)

で、上記の自家製天然酵母で作るパンの材料に「自家製天然酵母液」というものがございますが、これは野菜や果物などから作ります。

例えば、ニンジン。

今回、ニンジンを使って初めての自家製天然酵母作りをしてみます。

空き瓶を用意します。
空き瓶とその蓋はしっかりと煮沸させて殺菌し、その後冷ましておきます。

ニンジンをしっかり水で洗い、土などを落とします。
私はブラシを使って土を落としました。こんなにきれいなオレンジ色になるのかというくらい光輝きました♪

ニンジンをすりおろします。
すりおろし器も熱湯で殺菌しました。

すりおろしたニンジンをビンに入れて蓋をします。
これだけでもいいのですが、少し水(天然水)を加えてもいいそうです。
私は少しだけ天然水を加えました。

こんな感じになりました。
ニンジンで自家製天然酵母を作る。仕込み完了

室温で発酵が進むとのことですので、このまま放置します。(30℃を超えると雑菌が発生しやすくなるので、28℃以下には抑えたいといったころでしょうか。)
※最初は数日間は冷蔵庫に入れることで、殺菌作用のある低温に強い植物性乳酸菌を育てるというテクニックもあるそうです。

ということで、私のニンジンは一旦冷蔵庫に移動させました。数日後に取り出して常温で発酵を進めたいと思います。

自宅でのコーヒーの美味しい入れ方

プロのバリスタに教わった自宅で美味しいコーヒーを飲むための方法のメモです。

【準備するもの】
・コーヒー豆(コーヒーを飲む直前に豆を挽くこと!これだけで美味しさが大きく変わります!)
350mlのコーヒーなら約16gのコーヒー豆を準備
フレンチプレス

フレンチプレスなら、コーヒーの油分まで余すことなく抽出でき、コーヒーの素材本来の風味を味わうことができます。

フレンチプレスとはこうゆうものです↓

日本では紅茶を入れるときに使うイメージが強いかと思いますが、海外ではフレンチプレスでコーヒーを淹れるのは一般的なことなのだそうです。

それでは、美味しい入れ方です。

[手順1] ミルでコーヒー豆を挽く

ミルを使ってコーヒー豆を挽きます。

おすすめのミル↓

これなら目に付く場所に置きっぱなしでもオシャレなインテリアになります(^^)♪

コーヒーを淹れる直前に挽くことでお部屋にコーヒー豆の香りが漂います。これを楽しまないともったいないですね!

[手順2] フレンチプレスに挽いたコーヒー粉末を淹れる

挽いたコーヒー粉末16gをフレンチプレスに入れます。

[手順3] 熱湯を半分だけ注ぐ

タイマーがあれば計測を開始します。(4分間計測します。)
まず、準備した熱湯350mlの半分をプレスに注ぎ、30秒待ちます。
※粉全体に熱湯が行き渡るように回し入れるようにします。

熱湯を注ぐと、炭酸ガス、粉末、液体と3層に分かれます。

[手順4] 残りの熱湯を注ぐ

残りの熱湯を注ぎます。
注ぎ終えたら、プレスに蓋をして(プランジャーは下げない)、タイマーが4分経つのを待ちます。

[手順5] プランジャーを下げ、カップに注ぐ

4分経ったら、プレスのプランジャーを押し下げ、カップに注ぎます。

※フレンチプレスなら、素材本来の香りを持つコーヒーオイルも抽出することができます♪

にんにくを使った保存食レシピ×3

ニンニクのしょうゆ漬け

【材料】
ニンニク、しょうゆ、砂糖大さじ1(お好みで)

【準備するもの】
ガラスびん(ジャムの空き瓶など)

【作り方】
りん片を薄切りしたもの100~150gをビンに入れ、しょうゆをビンの肩のところまで注ぐ。
お好みで砂糖大さじ1を加える。
一週間ほどビンを冷蔵庫で保存すると、にんにくのにおいがしょうゆに移る。
時間が経過するほど辛味が消えていきまろやかな味になってくる。
しょうゆが減れば、継ぎ足していけばよい。

【使い方】
チャーハンの完成直前にフライパンのなべ肌に少量まわしかけると美味しい香りがする。
しょうゆに漬けたにんにくをチャーハンの入れても美味しい。

ニンニクみそ

【材料】
ニンニク(30g)、りんご(30g)、味噌(140g)、酒(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、サラダ油(大さじ2)

【準備するもの】
ガラスびん(ジャムの空き瓶など)

【作り方】
にんにくとりんごをすりおろす。
フライパンを温めてサラダ油をひき、すりおろしたニンニクとりんごをこげつかないように木べらでかき混ぜながら弱火で炒める。
香りが出たら、味噌、酒、砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。
味噌にツヤがでたら完成♪
ビンに入れて保存しましょう。

【使い方】
ごはんのお供として。
焼きおにぎりに塗っても美味しいです。
豚肉に塗り、一時間ほどおいて焼くと美味しいです。
ラーメンに入れるのもおすすめ!

ニンニクのはちみつ漬け

【材料】
にんにく(30g)、酢(50ml)、はちみつ(200ml)

【準備するもの】
ガラスびん(ジャムの空き瓶など)

【作り方】
にんにくを薄切りにする。
ビンににんにくを入れ、にんにくが隠れる程度に酢を入れる。
このまま、冷蔵庫で一週間保存する。
一週間後、酢を捨て、はちみつを入れて完成♪

【使い方】
サラダのドレッシングに加える。
パンに塗って焼く。
カレーライスに入れる。