自宅でのコーヒーの美味しい入れ方

プロのバリスタに教わった自宅で美味しいコーヒーを飲むための方法のメモです。

【準備するもの】
・コーヒー豆(コーヒーを飲む直前に豆を挽くこと!これだけで美味しさが大きく変わります!)
350mlのコーヒーなら約16gのコーヒー豆を準備
フレンチプレス

フレンチプレスなら、コーヒーの油分まで余すことなく抽出でき、コーヒーの素材本来の風味を味わうことができます。

フレンチプレスとはこうゆうものです↓

日本では紅茶を入れるときに使うイメージが強いかと思いますが、海外ではフレンチプレスでコーヒーを淹れるのは一般的なことなのだそうです。

それでは、美味しい入れ方です。

[手順1] ミルでコーヒー豆を挽く

ミルを使ってコーヒー豆を挽きます。

おすすめのミル↓

これなら目に付く場所に置きっぱなしでもオシャレなインテリアになります(^^)♪

コーヒーを淹れる直前に挽くことでお部屋にコーヒー豆の香りが漂います。これを楽しまないともったいないですね!

[手順2] フレンチプレスに挽いたコーヒー粉末を淹れる

挽いたコーヒー粉末16gをフレンチプレスに入れます。

[手順3] 熱湯を半分だけ注ぐ

タイマーがあれば計測を開始します。(4分間計測します。)
まず、準備した熱湯350mlの半分をプレスに注ぎ、30秒待ちます。
※粉全体に熱湯が行き渡るように回し入れるようにします。

熱湯を注ぐと、炭酸ガス、粉末、液体と3層に分かれます。

[手順4] 残りの熱湯を注ぐ

残りの熱湯を注ぎます。
注ぎ終えたら、プレスに蓋をして(プランジャーは下げない)、タイマーが4分経つのを待ちます。

[手順5] プランジャーを下げ、カップに注ぐ

4分経ったら、プレスのプランジャーを押し下げ、カップに注ぎます。

※フレンチプレスなら、素材本来の香りを持つコーヒーオイルも抽出することができます♪

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。