カテゴリー別アーカイブ: 食材の保存方法

野菜の栄養を失わない保存方法

野菜を買ってきたら、成長にエネルギーを使わせないように保存しましょう。

まず、冷暗所に保存すること。
立った状態で生育している野菜は、立てて保存すること。

そうすることで、無駄なエネルギーが使われないので栄養の消費を防ぐことが出来ます。

根菜類は、成長点をカットして保存します。生長点とは、葉っぱの生え始めているあたりのことです。ここを切り落としておくと栄養素の消費を防ぐことができます。
カットした葉っぱは、陰干ししておけばお味噌汁の具に使うことができます。

栄養の偏りを防ぐためにも、野菜は出来るだけ丸ごと頂きましょう!

キャベツの保存方法

キャベツの保存方法

キャベツは、芯の部分をくり抜いて、その部分に湿らせたキッチンペーパーを詰めて保存すると鮮度を保つことができます。

カットされたキャベツも同様にすぐに使わない場合は湿らせたキッチンペーパーを当ててラップをして冷蔵庫で保存します。

芯の部分をカットして・・・

湿らせたキッチンペーパーを当ててラップをする。

冷蔵庫に入れるときは、キャベツが育つ向き(芯を下)に置いて保存します。