月別アーカイブ: 2014年11月

Movable Typeアップグレード後にmt.cgiにアクセス出来ない時の確認事項

アップグレード時に、
http://example.com/mt/mt.cgi
にアクセスしようとして、500 Internal Server Errorなどになった場合は、

アップロードしたcgiファイル郡のパーミッションが「755」になっているかを確認!

644とかになっていたら500 Internal Server Errorが返ってきちゃいます。

デュアルブートのUbuntuを削除してしまい「grub rescue>」からのWindows Vistaを起動!

今日はヒヤヒヤしっぱなしの一日でした。

Windows Vistaがインストールしてあるノートパソコンに、後からUbuntuをインストールしてデュアルブートで使っていました。
Ubuntuを入れた時に、ブートローダはGRUB2になりました。

パソコンを起動するとGRUB2が起動してOSを選択して使っていました。

GRUB2の動きは、だいたいこんな感じです↓
パソコンを起動させると、MBR(マスターブートレコード)のGRUB2が読み込まれますが、そこでOSの選択ができるわけではありません。
MBRは容量が小さいため、GRUB2はUbuntuがインストールされているパーティションに書き込まれている第1.5ステージに処理を渡します。その後、第2ステージへと処理が引き継がれていきます。

さて今回、私はMBRがGRUB2のまま、Ubuntuを削除してしまったのです!
(※Ubuntuを削除する前にMBRを修復しておくべきだったのです。)

実際に行った内容は、Windows Vistaの再セットアップディスクでパソコン購入時の状態に戻したということです。

再セットアップが終わったーと思ってパソコンが再起動して立ち上がってくるのを待っていると、

grub rescue>

のコンソール画面が。
ネットで調べると、コマンドでUbuntuのパーティションを指定するように設定すれば大丈夫!なんて記事ばかりで。でも無いんです、Ubuntuのパーティションが!
困ったなぁ。と半日ハマって色々調べていると、Windowsのインストールディスから回復コンソールを開いて、MBRの修復ができるらしいと。

どこだー!とインストールディスクを探しますがありません。最近のパソコンってインストールディスクなんて付いてないことが多いんですよね。

どうしようかと思っていると、いい情報を見つけました。
現在、Windowsが提供しているWindows 8 Enterpriseの評価版isoファイルをダウンロードしてDVDに焼く。そのディスクで起動すると回復コンソールが使えて、なんとかMBRが修復できるかもしれないと!

早速やってみました。

ダウンロードして、

焼いて、

ディスクを挿入して起動。

インストールに進まず、回復コンソールを開きます。

image

トラブルシューティングをCLICK。

image

コマンドプロントをクリック。

image

コマンドプロントが開く。
bootrec
とタイプしてエンターキー。

image

コマンドのオプションが表示される。

image

bootrec /FixMbr
とタイプしてエンターキー。
一瞬で処理が終わる。

これでディスクを抜いて再起動すると、無事に再セットアップ中のWindows Vistaが上がってきました。

今回焼いたディスクは、このノートパソコンを使い続ける限り永久保存版ですね。

Nexus5がAndroid5.0に対応!それだけでバッテリーの消耗が改善された気がするのは気のせい?

先日、アマゾンでNexus5を購入しました。

発売日から約1年後に購入するという、遅めのNexus5デビューを飾ったのです。
購入時のAndroidのバージョンは4.4でした。

さて、Nexus5を使い出していきなり気になったのがバッテリーの持ちの悪さでした。
ネットではバッテリーの消耗の速さを嘆くレビューをいくつか見ていましたが、まさかこれほどとは・・・という印象でした。
私は外出が少なく、スマホの使用頻度もそれほど多くないのですが、それでもバッテリーが一日持たない状態でした。
通勤時間にずっとスマホを使うような人は困ると思います。職場で充電するしかないですね。

と、先日Android5.0へのアップグレードが可能になったので早速アップグレードしてみました。
以前から、Android5.0にはバッテリーセーバという機能があることを知っていたので、Nexus5がAndroid5.0に対応するのを心待ちにしていたのであります。

さて、Android5.0になったNexus5を使用した初日の感想は・・・

バッテリーの持ちが良い!

ということです。
私個人の感想ですが、バッテリーの消耗スピードが2分の1くらいになった感覚です。

さすがAndroid5.0のバッテリーセーバーだn・・・・・・あれ?

あれれ?・・・・

バッテリーセーバーがOFFになってた。

バッテリーセーバーが有効になってなかったってこと?

なのと、バッテリーセーバーがOFFだったのにバッテリーセーバーの持ちが2倍くらい良くなっていた(と感じた)のです!

私の気のせいでしょうか。

いや、明らかにバッテリーの持ちは良かった・・・。

この気持、共感してくれる人はいないだろうか。

さて、明日はバッテリーセーバーをONにして一日使ってみようと思います。これ以上にバッテリーの持ちが良くなるのでしょうか。楽しみです。(パフォーマンスを犠牲にするのは気が引けるが)

リスティング広告(検索連動型広告)とは

ウェブサイトやショッピングサイトを運営されている方は「リスティング広告」という言葉をよく聞くと思います。
アフィリエイトをやっている方も「リスティング禁止」とか「リスティングNG」のような言葉を見たことがあるのではないでしょうか。

リスティング広告っていうのは、例えばYahoo!で「ホテル」って検索したときに、検索結果ページの上や横の方に表示される広告リンクです。

Yahoo!検索結果(リスティング広告)
Yahoo!で検索した時のリスティング広告の表示位置

一見、検索結果かと思うくらい、検索結果に似たシンプルな広告です。(Yahoo!も広告主もクリックして欲しいわけです)
「広告の内容も重要なコンテンツの1つだ」なんていう考え方が最近強まっている気がしますが、そうゆう観点からするとそれでいいわけですね。

リスティング広告の課金方法は、「クリック課金」方式が一般的です。
つまり、クリックされて初めて掲載料金が発生されます。そのため、広告が表示されていてもクリックされなければ料金は発生しません。
掲載料金を払えば確実にアクセスを稼ぐことができる広告とも言えます。
広告主側は、「キーワード」と「入札価格」を設定します。
キーワードとは、例えば「ホテル」などです。この場合、ユーザーが「ホテル」と検索した時に広告が表示されます。
ただし、ページのどこにどの広告を掲載するかは、検索エンジン側が複雑なアルゴリズムに基づいて弾きだした広告ランクが使用されます。広告ランクには入札価格が大きな部分を占めるため、人気キーワードで低い入札価格を設定してもなかなか広告が表示されないということになります。

では、アフィリエイトをしている方がよく目にする「リスティング禁止」や「リスティングNG」とはどういう意味なのでしょうか。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)にログインすると、広告主からの「リスティング禁止」について注意文が書いてあることがあります。

<記載例>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【リスティング出稿条件について】

○○○○、××××等、社名・サービス名、
もしくはそれに関連するワードも一切NGとしております。
※ふる等打ち間違いも含め、類似ワードはNGです。
発見次第、成果拒否、提携解除となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つまり、「我々のサービス名や社名をキーワードとするリスティング広告を出稿しないでね!またはリスティング広告の出稿文言に使用しないでね!」ということです。
広告主が自分の社名やサービス名でリスティング広告を出すときに、入札価格が高かったら困りますからね^^;

Windows7が正常に起動しなくなった!からのなんとか復元成功!

先ほど、急にWindows7が起動しなくなりました。

かなり焦りましたw

私はWindows7になってから、シャットダウンはほとんどしないでスリープを多用しています。

今回もスリープをしました。

そして、立ち上げようとキーボードを叩きました。(何かキーを叩くと立ち上がる設定にしています。)

しかし、立ち上がったと思ったその時、ブルースクリーンです!

ちょっと嫌な予感はしたものの、普段はブルースクリーンになっても再度立ち上げればすんなり立ち上がったりするものです。

しかし、今回は甘くありませんでした。

何度も通常に起動しようとしてもダメした。

スタートアップ修復を選択するしかありませんでした。

しかし、スタートアップ修復でも回復できません。何度も挑戦しましたが、ダメでした。

(嫌な予感・・・)

そこで閃きました!

ブルースクリーンエラーってことはメモリが逝ったかな?4本挿しているメモリを2本にして起動、それでダメなら他の2本に変更して起動してみようと!

実はメモリーの破損が原因の場合はこの技で上手く解決できた経験があるのです。

しかーし!ダメでした。

次の手段は、「システムの復元」(Windowsを前の状態に復元します)

・・・ダメでした。

最後の手段・・・・「システム イメージの回復」

マメな私は毎月月末になると「システムイメージの作成」をしているのです。

イメージはWindowsがインストールしているドライブとは別のドライブにとってあります。

さて、「システム イメージの回復」を実行します。なんとかシステムイメージの入っているドライブも読み込んでくれたみたいで早速実行しました。

待つこと15分程・・・。

作業が完了→Windowsを希望してみる。

ログイン画面ジャーーーン!

やりました!

CドライブとDドライブのシステムイメージを作成していたので、その2つのドライブが10日ほど前の状態になりましたが、問題ありません!

その他普段使っているデータファイルは別ドライブに保存してあるので影響はありませんでした。

なるほど、ドライブを分ける(パーティションを分ける)ってことはこうゆうことなのか。

こうゆうトラブルをして初めて腹に落ちるんですよね。

ということで、今回の教訓は「システムイメージの作成」は怠らないこと!

それから、「システム修復ディスクの作成」もしておきましょう。いざという時に役に立ちます!

レストランが作るこだわりの逸品から会議弁当やピザチェーンまで、出前・宅配の総合グルメサイト『ぐるなびデリバリー』