断定!やはりAndroid5.0でNexus 5のバッテリー持ちが改善された

前回の記事(Nexus5がAndroid5.0に対応!それだけでバッテリーの消耗が改善された気がするのは気のせい?)を書いてから10日経ちましたので、経過を報告します。

やはり、バッテリーの持ちが大幅に改善されております!
寝る前にバッテリーを100%にしておいて、翌朝、90%以上残っています。
アップグレード前のAndroid4.x時代は、60%とか、50%とか・・・そんな感じだったと記憶しています。酷いですねw

でも、他のサイトやレビュー記事を見ると、Android5.0になってからバッテリーの持ちが悪くなったという意見がすごく多いんです。ネガティブな意見だからこそ記事の数が目立つんだろけど、改善されたという意見はあまり見ません^^;

そこれで有益な情報を書いておられる方もいくつか拝見しまし。
そこには、Wi-Fiや位置情報まわりの設定が怪しいんじゃないかということです。

たしかにそうかもしれません。
Android5.0になって設定の仕方も少し変わった部分があるので、その影響でバッテリーの持ちが良くなった人と悪くなった人が出てきたのかもしれませんね。

Nexus5とAndroid5.0という、共通のハードとOSをみなさんお持ちなわけですから、良くなる人と悪くなる人がいるとすれば設定を疑うのはかなり正しいことだと思いますね。

ということで、ネクサス5のバッテリーの減りが早い人が改善できることを願いまして、参考までに、「バッテリー持ちが良い」私の現在の設定をご紹介しておきます。

まず、「Wi-Fi詳細設定」ですが、
・ネットワークの通知:ON
・スキャンを常に実行する:ON
・スリープ時にWi-Fi接続を維持:常に使用する
となっています。
wpid-wp-1417393097743.png

次に、「位置情報」の設定ですが、普段はOFFにしています。
wpid-wp-1417393104108.png

位置情報」をONにする時は、モードを「高精度」に設定しています。
位置情報:ON。モード:高精度

バッテリー持ちが悪い方は、一度同じ設定にして様子を見てみてはいかがでしょうか。
他にもバッテリー持ちが良くなる設定例はあると思います。
ちなみに、バッテリー持ちが悪くなると疑われる設定例は以下です。
・Wi-Fi詳細設定->スキャンを常に実行する->OFF
・位置情報->ON(モード->「高精度」または「バッテリー節約」)

まだ検証が甘いので、これから検証してみます!

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。