1日1食でサヨナラ虫歯

私は自己啓発や健康目的で、1日1食を心がけています。

1日1食のメリットに、「サヨナラ虫歯」というものがあります。

結局のところ現代人が虫歯になりやすいのは食べ過ぎと食べ物の質なんですよね。

食べ過ぎの例として、好青年が朝起きてすぐにスイートルームのフルール盛りの中からバナナを食べたとします。(別にバナナじゃなくてもいいんですが)

するとその後20分くらいは口内のph値が下がります。下がっている時間は「脱灰」と言って歯が溶け出している状態です。

20分くらい時間が経てばph値は自然と上がり「再石灰化」といって歯にとっては好ましい状態となるのです。

が!好青年はバナナを食べた20分後にパイナップルを食べました!するとまたそこから20分は「脱灰」タイムに突入です。

これで40分連続で「脱灰」タイムです。

2度目の「脱灰」タイムに謎の美女沓子と20分間のセックスを楽しんだ好青年は、セックス終わりにブドウを食べました!

これで60分連続の「脱灰」タイムです。

と、こんな調子で24時間中「脱灰」タイムが閉める割合を長くしてやれば簡単に虫歯くんになることが可能なのです。

試しに20分おきに何かを食べる生活を数日間してみてください。すぐに歯に違和感を覚え、虫歯になれますよ♪

上の好青年の例では、3種のフルーツをまとめて一回で食べると「脱灰」タイムも一回で済んだのですが、ダラダラと時間を空けて食べたことが問題なのです。

虫歯の話に限れば、「食べ過ぎ」よりも「ダラダラ食べ」に問題があると言えます。

つまり1日1食にすると、「脱灰」タイムが一度で済むわけです。

1日の大半を「再石灰化」タイムで過ごすわけですからサヨナラ虫歯というわけです。

あ、歯磨きは再石灰化タイムに行うのが良いので、食後は口をゆすぐだけにして歯磨きは30分後くらいに行うのがベストです。

私は昔から虫歯っ子だったのですが、1日1食を実践している今では歯医者さんとは無縁です。(あそこの歯科助手の女の子可愛かったんだけどな~。。w)

この脱灰と再石灰化を時間グラフを表したものはステファンカーブと言われていますので、調べてみてください。

あ、音波歯ブラシはコンパクトで持ち運びにも便利な乾電池式がオススメ!

オムロン音波式電動歯ブラシ シュシュマイクロビブラート HT-B201
私はコレを愛用中です。

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。