屋上緑化用イワダレソウ(クラピア)

[始めます]グランドカバーで挑む雑草対策の記録

【現状(2017/7)】
マンション裏の敷地の雑草が毎年大変なことになります。
地下茎&木化した植物がツルを伸ばし、横に縦にとグングン伸びていきいます。
フェンスを伝ってマンション側にも侵入してくる状況です。

↓繁茂している状態(MAX時期はもっと凄いことになります!)
雑草が繁茂している状態

【除草(2017/7)】
除草してもらいました!
↓除草後の状態。
除草後の状態

【グランドカバー苗を定植(2017/7/26)】
苗を購入し、定植しました。
屋上緑化用イワダレソウ(クラピア)
グランドカバーにする植物はレイタータイムやクローバーなどと迷いましたが、グランドカバー(屋上緑化)用に開発されたという屋上緑化用イワダレソウ(クラピア)というものを選択してみました。

 

1平米あたり6株が目安だということなので、とりあえず6株購入しました。
1平米を紐で囲んで、その中に6株を定植しました。
4月頃に植えれば、10月頃にはグランドカバーが完成するペースで成長するそうなのですが、今回は7月下旬に植えたので、今シーズン中にしっかりカバーされるかは微妙なところだと予想しています。
まずは、1平米のグランドカバーをしっかり作り、上手くいけば株分けして他の場所にもグランドカバーを広げていきたいと考えています。

【定植後の管理方法】
植え付け後は、シャワー式散水で十分に灌水します。
定植後、約1~2週間は活着促進のため、1日1回灌水します。
植栽後、被覆するまでは適時除草を行います。
クラピアに灌水

【大敵は葛(くず)】
クラピア定植前状況は雑草が全く生えていないように見えますが、実は地中にはクズの根が潜んでいます・・・。
葛(くず)の根
葛の根は栄養を蓄えて越冬し、翌年に新芽を出す多年草。繁殖力も非常に高く、厄介者です。根は木質化して巨大となり、大きくなれば抜根も困難となります。
今回私が管理するエリアは面積が狭いので、除草&抜根で駆逐する方法を考えていますが、手強そうなら除草剤という選択肢もあります。
その場合は、ケイピンエース

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】ケイピンエース 50本入
価格:770円(税込、送料別) (2017/7/27時点)

ケイピンエースの存在を知っているだけで、安心して闘うことができそうです。
ケイピンエースを使うときは、2.5mmのドリルで木質化した根に穴を空けてから打ち込むと良いようです。

【2017/8/3】
遂に「ケイピンエース」が届きました!
ケイピンエース
厚みは1cmも無く、とても薄くてびっくり。
ケイピンエース
50本入りです。
一本の大きさは少し太めの爪楊枝といったところ。
こんなんで葛を枯らせてしまうんだから凄い猛毒なのだろう。
そう思うと、必要以上に注意深く扱ってしまうw

準備したのは2.5mmのドリルと金槌。
P_20170803_185145_vHDR_On
ドリルで葛の根元に穴を空け、そこにケイピンエースを挿していきます。
挿す時は金槌で優しく叩くと奥まで入っていきます。

こんな感じで挿していきます。
P_20170803_185023_vHDR_On

でかい奴には2~3本!!クタバレ~!
P_20170803_185151_vHDR_On

グランドカバーのクラピアを移植して1週間が経ちました。
この1週間は活着を促進するために毎日欠かさずに灌水しました。
少し広がったかな?うん。成長してる。
クラピア
クラピア
エリア内には毎日のように雑草が現れるのでそれを抜くのが大変です。
1本の雑草を抜いている間に1箇所は蚊に刺されます。
大袈裟ではなくて、ほんとに!
いつも作業終了後は誰かに殴られたような顔になってますw
同じ場所に何度も刺されるとどうなるか知ってますか?
先日はお尻の左側に集中して刺されたのですが、びっくりしました。
だって、お尻にチーズケーキが乗っかってるのかと思ったんですよ。
大袈裟ではなくて、ほんとに!

クラピアのエリア内に葛の根があります。。
移植する前にちゃんと撤去すればよかったかな(><)
こいつにもケイピンエースを打ちました。
P_20170803_185441_vHDR_On
真横のクラピアが一緒に枯れなければいいのですが・・・

ところで蚊の活動が弱まる時間帯ってあるのでしょうか?
朝も夕方もほんとに大変です。。

【2017/8/12】
移植から17日目となりました。
ありがたいことに、梅雨も終わっているのに局地的豪雨が続いていることもあり、灌水作業は終了しました。
あとは自然の恵みに任せて成長を見守ろうと思います。

クラピアの面積が広がってきました。
クラピア17日目

P_20170812_081234_vHDR_On
同じように雑草も増えてきていますが、目立つ雑草は既に除草してあります。
クラピアが広がっている最前列は、雑草なのかクラピアなのか、なかなか見分けが付きません。
雑草は大きくなったら引っこ抜くという方針で行きます。
期待が大きすぎたのか、成長スピードの遅さに若干のやきもきした気持ちがありますが、クラピアの成長スピードは複利曲線を描くはずなので、これまでの17日間以上に今後の17日間は大きく成長すると期待して今後も管理を頑張ります!
お盆の帰省後、クラピアと雑草のシェア争いが楽しみですw

ケイピンエースを使った葛対策ですが、この時期は蚊がめちゃくちゃ多くて作業に集中できないので(お尻の上にチーズケーキを作るのはもう御免・・・)、秋以降に対策していくことにしました。
それまでは目立つほどの葉っぱを手作業で伐採していくことにしました。大変ですが、イタチごっこで頑張ってみます。

【2017/8/21】
移植から26日目となりました。
前回から9日経過し、クラピアの成長も少し感じられますが、雑草の成長はその数倍早い!
もちろんこの間に除草は何度かしていますが、それでも雑草の成長スピードはクラピアのそれを凌駕してきます。。。
P_20170821_090616_vHDR_On

クラピアエリアの周りの除草もしていますが、面倒なので大きい雑草だけ抜いています。
P_20170821_090622_vHDR_On
周りの雑草が徐々に攻めてきて、クラピアエリアが侵食されないか心配でなりません。。

でも移植した時と比べるとクラピアもだいぶ成長しましたね。
もうすぐ隣の株同士が手をつなぎそうです♪
もっと沢山手を出してくれるといいのですが、手の数が少ないのでグラウンドをカバーするには少し頼りないです。これからに期待!

→次の記事はこちら(グランドカバーで挑む雑草対策の記録(その2))

Be Sociable, Share!

[始めます]グランドカバーで挑む雑草対策の記録」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。