カテゴリー別アーカイブ: OS

robocopyコメンドでミラーリングバックアップ

windows7でディレクトリを効率よく完全にバックアップするスクリプト

大地震・暴風豪雨・大停電・ミサイル・隕石衝突・テポドン(w)など、あらゆる震災に備え、PCデータはバックアップをとり、物理的に離れた実家などに保管しておくのが私のルールです。

500GBのポータボーハードディスクを2つ購入し(コスパの良いBUFFALO HD-PVRU2を2つ購入)、バックアップファイルの入ったポータボーHDDが必ず1つは150km離れた実家に保管されている状態をとっています。
帰省する度に、最新のバックアップをとったポータボーHDDを実家へ持って行き、実家に保管してあったポータボーHDDを自宅へ持って帰ります。(企業並みの事業継続性!とはいかないけど、怠りません♪)

毎回のバックアップにあまりにも時間がかかるので、これまで効率の悪かったスクリプトを改修しました。(今までは、一度ドライブを空にしてからコピーしていました。そんなことをしていてはバックアップに何時間も費やすことになり、その間にちっさいテポドンが飛んできて家はほぼ無傷なのに運悪くPCのみに直撃して破壊されたら悔みに悔やみきれません。)

robocopy.exeで堅牢性の高いファイルコピー!

robocopy.exeは、Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows Server 2008 R2で用意されているOS標準コマンドです。安心して使えますね!
robocopyは、リモートのファイル・サーバ同士でフォルダを同期させるために作られたコマンドですから、ミラーリングコピーをしたい場合には打って付けですね。

それではまず、これまで使っていたスクリプトをお披露目します。(恥ずかしすぎて死にそうです)

ECHO OFF
ECHO;
ECHO F:が対象のドライブであるか確認します。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
F:
SET filename="これはバックアップ用ドライブです.txt"
ECHO 「F:\%filename%」が存在するか確認します。。。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
IF EXIST %filename% GOTO RM
ECHO %filename%が見つかりません!F:が対象ドライブではない可能性があります。
ECHO 「F:\%filename%」を作成してから再実行してください。
pause
EXIT

:RM
ECHO F:が対象のドライブであることを確認しました。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
ECHO 10秒後にドライブを空にします。
TIMEOUT /T 10
RMDIR F:\backup /s /q
ECHO ドライブを空にしました。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL

ECHO 3秒後にバックアップを開始します。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL

XCOPY "K:\Users\ahoman\AppData\Local\Evernote\Evernote" "F:\backup\Evernote" /e /h /y /i

XCOPY "K:\仕事のファイル" "F:\backup\仕事のファイル" /e /h /y /i

XCOPY "K:\ユーザー\ahoman" "F:\backup\ユーザー\ahoman" /e /h /y /i

スクリプトの解説・・・
まず、ポータボーHDDを空にします。このとき、ドライブレター(「C:」や「D:」など)がいつもと変わっていてローカルのドライブを削除してしまったら大変です!なので、空にする対象のドライブが本当にバックアップ用ポータボーHDDかどうかをアナログな方法で調べています。
その方法が、ポータボーHDDのトップディレクトリに
「これはバックアップ用ドライブです.txt」
という名前の空ファイルを置いておく、という方法です。
ドライブにこのファイルが無ければスクリプトはそこで終了、ファイルが有ればドライブを空にするステップに進みます。
空にするまでに更に10秒間の猶予を与え(どんなけ慎重やねん!)、そして空にし、バックアップを開始します。

さて、こんなバックアップの仕方をしていたら寿命が3倍伸びても収入は3%くらいしか増えません。

そこで今回、robocopyコマンドを使って効率よくバックアップをとるスクリプトに改修したいと思います。

変更点は以下です。
・ドライブを空にするステップを削除する。
・XCOPYコマンドをROBOCOPYコマンドに変更する。

robocopy.exeの便利なオプションの1つに「/MIR」があります。このオプションを使えばミラーリングが可能です。新しいファイルはコピーし、更新されたファイルは上書きし、コピー元に無いファイルはコピー先から削除してくれます。つまり、この最小限の働きで全く同じディレクトリ構造を作るという最大限の結果をもたらしてくれる、まさにリオネル・メッシのようなコマンドなのです!
(私のPCなんてコマンドでmessiと入力するとrobocopyが実行されるようにしているんですから!)

では、改修後のスクリプトを見てみます。

ECHO OFF
ECHO;
ECHO F:が対象のドライブであるか確認します。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
F:
SET filename="これはバックアップ用ドライブです.txt"
ECHO 「F:\%filename%」が存在するか確認します。。。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
IF EXIST %filename% GOTO RM
ECHO %filename%が見つかりません!F:が対象ドライブではない可能性があります。
ECHO 「F:\%filename%」を作成してから再実行してください。
pause
EXIT

:RM
ECHO F:が対象のドライブであることを確認しました。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
ECHO 10秒後にミラーリングを開始します。
TIMEOUT /T 10

ROBOCOPY "K:\Users\ahoman\AppData\Local\Evernote\Evernote" "F:\backup\Evernote" /MIR

ROBOCOPY "K:\仕事のファイル" "F:\backup\仕事のファイル" /MIR

ROBOCOPY "K:\ユーザー\ahoman" "F:\backup\ユーザー\ahoman" /MIR

一部のみの改修ですが、バックアップ時間がかなり短縮しました。
これまでは「あ、実家に帰ろ!」と突発的に思っても、バックアップに半日かかるので、結局バックアップをせず、故に事業継続性に不安がある状態が続いており、つまりテポドンの危機に少しだけ直面していたのですが、これからは帰省の支度をしている間にバックアップが完了するということになります。(普段から頻繁にミラーリングバックアップをしておけば、帰省直前のバックアップにかかる時間は更に短縮されますね!ま、面倒なのでしませんけど!w)

[Surface Pro3] Windows8でguestアカウントを有効にする方法

[Surface Pro 3] Windows 8 で Guestアカウントを利用できるようにする方法

購入時は無効になっているGuestアカウントを有効にする方法です。

管理者アカウントでWindows 8にサインインします。

コントロールパネルを開きます。(「Windowsキー」+「X」、またはデスクトップ画面で画面左下のWindowsアイコンを長くタップし続けて離すとメニューが出るので「コントロールパネル」をタップまたはクリックします)
guestアカウントを有効にする方法1

コントロールパネルが表示されたら「アカウントの種類の変更」をクリック。
guestアカウントを有効にする方法2

「Guest」をクリック。
guestアカウントを有効にする方法3

「オン」をクリック。
guestアカウントを有効にする方法4

これでGuestアカウントが有効になりました!
Guestアカウントを無効にする場合も同じ手順です。

ショートカット キー

[Windows 8 / 8.1] 覚えて便利なショートカット キー ベスト20!

Windows 8 / 8.1 で便利なショートカットキーを、よく使われる一般的なものも含めて紹介します。

※ 表記の読み方は、Shift + Tab は Shift キーを押しながら Tab キーを押すという意味です。

キー操作 機能
Windows ロゴ キー スタート画面を表示または非表示にする
Windows ロゴ キー + C チャームを開く
Windows ロゴ キー + C ファイルを検索する
Windows ロゴ キー + Q アプリを検索する
Alt + F4 アクティブな項目を閉じる。またはアクティブなアプリを終了する
Alt + Esc (デスクトップ画面で)項目を開かれた順序で順番に切り替える
Windows ロゴ キー + Tab 使用中のアプリ (デスクトップ アプリを除く) を順番に切り替える
Windows ロゴ キー + ↑ デスクトップ ウィンドウを最大化する
Windows ロゴ キー + ↓ デスクトップ ウィンドウを最小化する
Windows ロゴ キー + ← 画面の左側にデスクトップ ウィンドウを最大化する
Windows ロゴ キー + → 画面の右側にデスクトップ ウィンドウを最大化する
Alt + Tab 使用中のアプリを切り替える
Ctrl+Tab 次のタブに移動する(ブラウザのタブ切り替えにも使用可能)
Ctrl+Tab (ブラウザの)タブを閉じる
Ctrl + A ドキュメントまたはウィンドウのすべての項目を選択する
Ctrl + X 選択した項目を切り取る
Ctrl + C (または Ctrl + Ins) 選択した項目をコピーする
Ctrl + Y 操作をやり直す
Ctrl + Z 操作を元に戻す(undo)
Shift + Del (ごみ箱に移動せずに)選択した項目を完全に削除する
Ctrl + R (または F5) 作業中のウィンドウを最新の情報に更新する
Windows ロゴ キー + P プレゼンテーション表示モードを選択する

[Windows 8] ファイルの拡張子を表示する方法

拡張子とは、ファイル名末尾の「.(ピリオド)」以降の英数字です。通常、3文字であることが一般的です。
Windows 8 / 8.1 の初期設定では、ファイルの拡張子は非表示になっています。

<Windows 8 / 8.l でファイル拡張子を表示する方法>
1. コントロールパネルを表示する。
(※コントロールパネルの表示の仕方は、[Windows]キーを押しながら[X]キーを押す、またはデスクトップ画面左下のWindowsアイコンを長タップまたは右クリックし、現れたメニューメニューから「コントロールパネルを選択する」)
Windowsキー+X

2. 「コントロールパネル」が表示されたら、表示方法を「カテゴリ」にして、「デスクトップのカスタマイズ」をタップまたはクリックする。
(※表示方法が「アイコン」の場合は「フォルダーオプション」をクリックし、手順4へ。)
コントロールパネル-表示方法-カテゴリ

3. 「フォルダーオプション」をタップまたはクリックする。
フォルダーオプション

4. 「表示」タブをタップまたはクリックする。
表示タブをクリック

5. 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外し、「OK」ボタンをタップまたはクリック。
「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す

これで拡張子が表示されるようになりました。
ファイル名を確認してみてください。

デスクトップ画面、スタート画面切替

[Surface Pro 3]スタート画面↔デスクトップ画面の切り替え方法

Windows8にログインすると、デスクトップ画面とスタート画面のどちらかが表示されます。

デスクトップ画面は、今までのWindowsのデスクトップと同じ画面です。
スタート画面とは、アプリがタイル上に並んでいる画面のことです。

<デスクトップ画面 → スタート画面 の切り替え>
・画面左下にあるボタンをタップまたはクリックする。
デスクトップ画面とスタート画面の切替

・Surface Pro 3 の画面左にあるWindowsボタンをタップする。
デスクトップ画面、スタート画面切替

・タイプカバーの「Windows ロゴ キー」をタイプする。(※切り替えというよりはスタート画面を非表示にしている動きになります。正しくは、[Windows ロゴ キー + D]でデスクトップ画面を表示または非表示にします。)
タイプカバーのWindowsキー
 
 
<スタート画面 → デスクトップ画面 の切り替え>
・デスクトップタイルをタップする。
デスクトップタイル

・Surface Pro 3 の画面左にあるWindowsボタンをタップする。
デスクトップ画面、スタート画面切替

・タイプカバーの「Windows ロゴ キー」をタイプする。
※「Windows ロゴ キー」は「スタート画面を表示または非表示にする」という機能なので、最後に開いていた画面がデスクトップ画面の場合のみ有効です。
タイプカバーのWindowsキー

・(タイプカバーやマウスを使っている場合)画面下端でポインターを下げ続けるとタスクバーが出てくるので、画面左下のWindowsアイコンをタップまたはクリックする。
スタート画面のタスクバー

レストランが作るこだわりの逸品から会議弁当やピザチェーンまで、出前・宅配の総合グルメサイト『ぐるなびデリバリー』

Surface Pro 3 – 64 GB / Intel i3 を買ってみた。

ノートパソコンの買い替えを考えていました。

タブレット端末も欲しいなぁと思っていました。

ということで!そのどちらも満たす、

「これさえあれば、何もいらない。」

そう、Surface Pro 3を購入しました!(私、ずっと「サーフェイス」と言っていたのですが、公式には「サーフェス」とカタカナ表記するらしいですね!発音は「サーフェイス」で良いと思いますが(^^) 日 本 人 で す か ら ! )
Surface Pro 3 タブレットの予約は Microsoft Store にて 受け付けております。

始めは妥協しないで高スペックなタイプを考えてみましたが、メインのPCがあるので下から2,3番目のタイプで良いかと思い、

さらに考えた末、一番下のグレードに決定しました!(64GB / Intel i3 / 4GB RAM)

理由は、そんなにヘビーに使わないわ!と気付いたからです。

Surface Pro 3 を買ってすることといえば、私の場合はネットサーフィンやブログを書くことくらいですかね。

それくらいの目的なら、とことん安く抑えてしまおうと思ったわけです。

一番高スペックなタイプと比べると半額以下なので、なんだかすごくお得な気分になります♪

記憶容量が64GBというのが少ないかなと思いましたが、microSD メモリ カード リーダーがあるので問題ありません。
ちなみに、購入直後のハードディスクの空き容量は半分の32GB以上はありましたよ!

タイプカバー(キーボード)はこちらのブルーを購入!
マイクロソフトもCMやカタログなどで「推し」っぽいのでこちらのしましたw
タイプカバー
明るいブルーで素敵です♪
そんなにいやらしくないですよ。

タイプカバーというだけあり、使用している状態からキーボードを上げると綺麗に収納?できます。
Surface Pro3 タイプカバー(ブルー)

Surface Pro3は12インチなんですが、タイプカバーを付けて触っていると、とても懐かしい気持ちになりました。
なんででしょうか。。。と思っていると何か記憶が蘇りました。
そうだ!私は昔、DELLのLatitude(12.1インチだったかな?)を使っていたのです!
もう10年以上前に発売されたものですから、PCも進化したな~と思っちゃうわけですね。
同じディスプレイサイズなのに、解像度はもちろん上がっているし、軽く、薄く、スタイリッシュにw、タッチパネルにも対応しちゃって、薄くて(2回目w)、速くて(一番下のグレードでも十分です。スクロール時にもたつき感がありますが問題にならない程度であります)、タブレットとしても使えちゃう!

今、この文章もサーフェスで書いているのですが。
そういえば、このタイプカバーを外してタブレットとして使うと、タイピングはどうやってするんだ?
ってことで、ちょっと今から外してみますね。

(外しています・・・しばらくお待ちください・・・)
サーフェス、タイプカバーを外す

おお!こんな感じなんですね!
画面右下のキーボードアイコンをタップするとソフトウェアキーボードが出現します!
サーフェスのソフトウェアキーボード

次の行からは、ソフトウェアキーボードで入力してみたいと思います!

え~、ただいまソフトウェアキーボードでタイプしております。
慣れると、そこそこのスピードでタイプ可能ですが、
タッチタイプ(ブラインドタッチ)ができないので目線の移動がストレスですね。
それに、タイプミスが多くんsります。
ソフトウェアキーボードが現れる分、画面の下から三分の一以上は隠れてしまいます。
でも、それによって使いにくくなるかというと、そうでもありません!
解像度が高いので、残りのスペースでも十分に情報を表示できます。

さて、まだソフトウェアキーボードを使っていますが、
案外長文いけちゃっています。。
でもやっぱり時間がかかるので、ここでタイプカバーを付けたいと思います(;^ω^)

(ただいま・・・タイプカバーを取り付けています・・・しばらくおまちください)

タイプカバーの取り付けが完了しました!
は・・・速い!取り付けスピードが速いのではなくて、タイピングがですよ!
私のタイピングは光速のようなスピードだったのか・・・と思えるほど速く感じます!(それほどソフトウェアキーボードが遅すぎたw

タイプカバーの有難味を感じることができるので、皆さんもたまにはソフトウェアキーボードの使用をお勧めしますw

あ、今サーフェスを買うとタイプカバーが無料でついてくるキャンペーンもやっているとか。

お勧めは、水色ってことでw

さて、私は今までWindows8を触ったことがなく、Surface Pro3を昨晩開封したてでまだ手探り状態ですので、これからお勉強しておもちゃ化していきたいと思っております!

Surface Pro 3 タブレットの予約は Microsoft Store にて 受け付けております。

では!

デュアルブートのUbuntuを削除してしまい「grub rescue>」からのWindows Vistaを起動!

今日はヒヤヒヤしっぱなしの一日でした。

Windows Vistaがインストールしてあるノートパソコンに、後からUbuntuをインストールしてデュアルブートで使っていました。
Ubuntuを入れた時に、ブートローダはGRUB2になりました。

パソコンを起動するとGRUB2が起動してOSを選択して使っていました。

GRUB2の動きは、だいたいこんな感じです↓
パソコンを起動させると、MBR(マスターブートレコード)のGRUB2が読み込まれますが、そこでOSの選択ができるわけではありません。
MBRは容量が小さいため、GRUB2はUbuntuがインストールされているパーティションに書き込まれている第1.5ステージに処理を渡します。その後、第2ステージへと処理が引き継がれていきます。

さて今回、私はMBRがGRUB2のまま、Ubuntuを削除してしまったのです!
(※Ubuntuを削除する前にMBRを修復しておくべきだったのです。)

実際に行った内容は、Windows Vistaの再セットアップディスクでパソコン購入時の状態に戻したということです。

再セットアップが終わったーと思ってパソコンが再起動して立ち上がってくるのを待っていると、

grub rescue>

のコンソール画面が。
ネットで調べると、コマンドでUbuntuのパーティションを指定するように設定すれば大丈夫!なんて記事ばかりで。でも無いんです、Ubuntuのパーティションが!
困ったなぁ。と半日ハマって色々調べていると、Windowsのインストールディスから回復コンソールを開いて、MBRの修復ができるらしいと。

どこだー!とインストールディスクを探しますがありません。最近のパソコンってインストールディスクなんて付いてないことが多いんですよね。

どうしようかと思っていると、いい情報を見つけました。
現在、Windowsが提供しているWindows 8 Enterpriseの評価版isoファイルをダウンロードしてDVDに焼く。そのディスクで起動すると回復コンソールが使えて、なんとかMBRが修復できるかもしれないと!

早速やってみました。

ダウンロードして、

焼いて、

ディスクを挿入して起動。

インストールに進まず、回復コンソールを開きます。

image

トラブルシューティングをCLICK。

image

コマンドプロントをクリック。

image

コマンドプロントが開く。
bootrec
とタイプしてエンターキー。

image

コマンドのオプションが表示される。

image

bootrec /FixMbr
とタイプしてエンターキー。
一瞬で処理が終わる。

これでディスクを抜いて再起動すると、無事に再セットアップ中のWindows Vistaが上がってきました。

今回焼いたディスクは、このノートパソコンを使い続ける限り永久保存版ですね。

Windows7が正常に起動しなくなった!からのなんとか復元成功!

先ほど、急にWindows7が起動しなくなりました。

かなり焦りましたw

私はWindows7になってから、シャットダウンはほとんどしないでスリープを多用しています。

今回もスリープをしました。

そして、立ち上げようとキーボードを叩きました。(何かキーを叩くと立ち上がる設定にしています。)

しかし、立ち上がったと思ったその時、ブルースクリーンです!

ちょっと嫌な予感はしたものの、普段はブルースクリーンになっても再度立ち上げればすんなり立ち上がったりするものです。

しかし、今回は甘くありませんでした。

何度も通常に起動しようとしてもダメした。

スタートアップ修復を選択するしかありませんでした。

しかし、スタートアップ修復でも回復できません。何度も挑戦しましたが、ダメでした。

(嫌な予感・・・)

そこで閃きました!

ブルースクリーンエラーってことはメモリが逝ったかな?4本挿しているメモリを2本にして起動、それでダメなら他の2本に変更して起動してみようと!

実はメモリーの破損が原因の場合はこの技で上手く解決できた経験があるのです。

しかーし!ダメでした。

次の手段は、「システムの復元」(Windowsを前の状態に復元します)

・・・ダメでした。

最後の手段・・・・「システム イメージの回復」

マメな私は毎月月末になると「システムイメージの作成」をしているのです。

イメージはWindowsがインストールしているドライブとは別のドライブにとってあります。

さて、「システム イメージの回復」を実行します。なんとかシステムイメージの入っているドライブも読み込んでくれたみたいで早速実行しました。

待つこと15分程・・・。

作業が完了→Windowsを希望してみる。

ログイン画面ジャーーーン!

やりました!

CドライブとDドライブのシステムイメージを作成していたので、その2つのドライブが10日ほど前の状態になりましたが、問題ありません!

その他普段使っているデータファイルは別ドライブに保存してあるので影響はありませんでした。

なるほど、ドライブを分ける(パーティションを分ける)ってことはこうゆうことなのか。

こうゆうトラブルをして初めて腹に落ちるんですよね。

ということで、今回の教訓は「システムイメージの作成」は怠らないこと!

それから、「システム修復ディスクの作成」もしておきましょう。いざという時に役に立ちます!

ubuntuのFirefoxのマウスホイールのスクロール速度を変更する

ubuntuのFirefox(ブラウザ)のマウスホイールのスクロール速度が遅すぎて右手人差し指が腱鞘炎になりかけ寸前5秒前なのでスクロール速度を変更してみた。(もっとはよやれよ)

まず、URLを入力するアドレスバーに「about:config」と入力してリターンキーを押す。

利用の注意を促す確認画面が出るが、「細心の注意を払って使用する」をクリック。

アドレスバー下あたりに「検索」欄があるので、「mousewheel.default」と入力すると関連する設定項目がいくつか表示される。

「mousewheel.default.delta_multiplier_y」の値がデフォルトでは100になっている。これが縦スクロールのスピードの値。
これを300とか500とかにしてみる。
設定を変更したらその画面は残したまま別のタブでスクロール速度を確認しよう。

スクロール速度に満足したら、設定画面を閉じてOK。

その後も腱鞘炎が悪化するようなら病院へ行こう。

Skypeのプロフィール画像を変更しようとすると落ちる件

Skypeのプロフィール画像を変更しようとすると落ちる件です。

環境は
windows7
Skypeのバージョン:6.3.0.105
です。

Skypeを起動して、[Skype]>[プロフィール]>[画像の変更]

で「プロフィール画像を設定」の画面を開いたらすぐに落ちます。

PCに接続されているWebカメラを探している画面がありますが、それが悪さをしているようでした。

PCにインストールされていた「CyberLink YouCam」をアンインストールすると落ちなくなりました。

プロフィール画像の変更ができました。

めでたしめでたし。