カテゴリー別アーカイブ: windows7

robocopyコメンドでミラーリングバックアップ

windows7でディレクトリを効率よく完全にバックアップするスクリプト

大地震・暴風豪雨・大停電・ミサイル・隕石衝突・テポドン(w)など、あらゆる震災に備え、PCデータはバックアップをとり、物理的に離れた実家などに保管しておくのが私のルールです。

500GBのポータボーハードディスクを2つ購入し(コスパの良いBUFFALO HD-PVRU2を2つ購入)、バックアップファイルの入ったポータボーHDDが必ず1つは150km離れた実家に保管されている状態をとっています。
帰省する度に、最新のバックアップをとったポータボーHDDを実家へ持って行き、実家に保管してあったポータボーHDDを自宅へ持って帰ります。(企業並みの事業継続性!とはいかないけど、怠りません♪)

毎回のバックアップにあまりにも時間がかかるので、これまで効率の悪かったスクリプトを改修しました。(今までは、一度ドライブを空にしてからコピーしていました。そんなことをしていてはバックアップに何時間も費やすことになり、その間にちっさいテポドンが飛んできて家はほぼ無傷なのに運悪くPCのみに直撃して破壊されたら悔みに悔やみきれません。)

robocopy.exeで堅牢性の高いファイルコピー!

robocopy.exeは、Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows Server 2008 R2で用意されているOS標準コマンドです。安心して使えますね!
robocopyは、リモートのファイル・サーバ同士でフォルダを同期させるために作られたコマンドですから、ミラーリングコピーをしたい場合には打って付けですね。

それではまず、これまで使っていたスクリプトをお披露目します。(恥ずかしすぎて死にそうです)

ECHO OFF
ECHO;
ECHO F:が対象のドライブであるか確認します。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
F:
SET filename="これはバックアップ用ドライブです.txt"
ECHO 「F:\%filename%」が存在するか確認します。。。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
IF EXIST %filename% GOTO RM
ECHO %filename%が見つかりません!F:が対象ドライブではない可能性があります。
ECHO 「F:\%filename%」を作成してから再実行してください。
pause
EXIT

:RM
ECHO F:が対象のドライブであることを確認しました。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
ECHO 10秒後にドライブを空にします。
TIMEOUT /T 10
RMDIR F:\backup /s /q
ECHO ドライブを空にしました。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL

ECHO 3秒後にバックアップを開始します。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL

XCOPY "K:\Users\ahoman\AppData\Local\Evernote\Evernote" "F:\backup\Evernote" /e /h /y /i

XCOPY "K:\仕事のファイル" "F:\backup\仕事のファイル" /e /h /y /i

XCOPY "K:\ユーザー\ahoman" "F:\backup\ユーザー\ahoman" /e /h /y /i

スクリプトの解説・・・
まず、ポータボーHDDを空にします。このとき、ドライブレター(「C:」や「D:」など)がいつもと変わっていてローカルのドライブを削除してしまったら大変です!なので、空にする対象のドライブが本当にバックアップ用ポータボーHDDかどうかをアナログな方法で調べています。
その方法が、ポータボーHDDのトップディレクトリに
「これはバックアップ用ドライブです.txt」
という名前の空ファイルを置いておく、という方法です。
ドライブにこのファイルが無ければスクリプトはそこで終了、ファイルが有ればドライブを空にするステップに進みます。
空にするまでに更に10秒間の猶予を与え(どんなけ慎重やねん!)、そして空にし、バックアップを開始します。

さて、こんなバックアップの仕方をしていたら寿命が3倍伸びても収入は3%くらいしか増えません。

そこで今回、robocopyコマンドを使って効率よくバックアップをとるスクリプトに改修したいと思います。

変更点は以下です。
・ドライブを空にするステップを削除する。
・XCOPYコマンドをROBOCOPYコマンドに変更する。

robocopy.exeの便利なオプションの1つに「/MIR」があります。このオプションを使えばミラーリングが可能です。新しいファイルはコピーし、更新されたファイルは上書きし、コピー元に無いファイルはコピー先から削除してくれます。つまり、この最小限の働きで全く同じディレクトリ構造を作るという最大限の結果をもたらしてくれる、まさにリオネル・メッシのようなコマンドなのです!
(私のPCなんてコマンドでmessiと入力するとrobocopyが実行されるようにしているんですから!)

では、改修後のスクリプトを見てみます。

ECHO OFF
ECHO;
ECHO F:が対象のドライブであるか確認します。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
F:
SET filename="これはバックアップ用ドライブです.txt"
ECHO 「F:\%filename%」が存在するか確認します。。。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
IF EXIST %filename% GOTO RM
ECHO %filename%が見つかりません!F:が対象ドライブではない可能性があります。
ECHO 「F:\%filename%」を作成してから再実行してください。
pause
EXIT

:RM
ECHO F:が対象のドライブであることを確認しました。
TIMEOUT /T 3 /NOBREAK > NUL
ECHO;
ECHO 10秒後にミラーリングを開始します。
TIMEOUT /T 10

ROBOCOPY "K:\Users\ahoman\AppData\Local\Evernote\Evernote" "F:\backup\Evernote" /MIR

ROBOCOPY "K:\仕事のファイル" "F:\backup\仕事のファイル" /MIR

ROBOCOPY "K:\ユーザー\ahoman" "F:\backup\ユーザー\ahoman" /MIR

一部のみの改修ですが、バックアップ時間がかなり短縮しました。
これまでは「あ、実家に帰ろ!」と突発的に思っても、バックアップに半日かかるので、結局バックアップをせず、故に事業継続性に不安がある状態が続いており、つまりテポドンの危機に少しだけ直面していたのですが、これからは帰省の支度をしている間にバックアップが完了するということになります。(普段から頻繁にミラーリングバックアップをしておけば、帰省直前のバックアップにかかる時間は更に短縮されますね!ま、面倒なのでしませんけど!w)

Windows7が正常に起動しなくなった!からのなんとか復元成功!

先ほど、急にWindows7が起動しなくなりました。

かなり焦りましたw

私はWindows7になってから、シャットダウンはほとんどしないでスリープを多用しています。

今回もスリープをしました。

そして、立ち上げようとキーボードを叩きました。(何かキーを叩くと立ち上がる設定にしています。)

しかし、立ち上がったと思ったその時、ブルースクリーンです!

ちょっと嫌な予感はしたものの、普段はブルースクリーンになっても再度立ち上げればすんなり立ち上がったりするものです。

しかし、今回は甘くありませんでした。

何度も通常に起動しようとしてもダメした。

スタートアップ修復を選択するしかありませんでした。

しかし、スタートアップ修復でも回復できません。何度も挑戦しましたが、ダメでした。

(嫌な予感・・・)

そこで閃きました!

ブルースクリーンエラーってことはメモリが逝ったかな?4本挿しているメモリを2本にして起動、それでダメなら他の2本に変更して起動してみようと!

実はメモリーの破損が原因の場合はこの技で上手く解決できた経験があるのです。

しかーし!ダメでした。

次の手段は、「システムの復元」(Windowsを前の状態に復元します)

・・・ダメでした。

最後の手段・・・・「システム イメージの回復」

マメな私は毎月月末になると「システムイメージの作成」をしているのです。

イメージはWindowsがインストールしているドライブとは別のドライブにとってあります。

さて、「システム イメージの回復」を実行します。なんとかシステムイメージの入っているドライブも読み込んでくれたみたいで早速実行しました。

待つこと15分程・・・。

作業が完了→Windowsを希望してみる。

ログイン画面ジャーーーン!

やりました!

CドライブとDドライブのシステムイメージを作成していたので、その2つのドライブが10日ほど前の状態になりましたが、問題ありません!

その他普段使っているデータファイルは別ドライブに保存してあるので影響はありませんでした。

なるほど、ドライブを分ける(パーティションを分ける)ってことはこうゆうことなのか。

こうゆうトラブルをして初めて腹に落ちるんですよね。

ということで、今回の教訓は「システムイメージの作成」は怠らないこと!

それから、「システム修復ディスクの作成」もしておきましょう。いざという時に役に立ちます!

Skypeのプロフィール画像を変更しようとすると落ちる件

Skypeのプロフィール画像を変更しようとすると落ちる件です。

環境は
windows7
Skypeのバージョン:6.3.0.105
です。

Skypeを起動して、[Skype]>[プロフィール]>[画像の変更]

で「プロフィール画像を設定」の画面を開いたらすぐに落ちます。

PCに接続されているWebカメラを探している画面がありますが、それが悪さをしているようでした。

PCにインストールされていた「CyberLink YouCam」をアンインストールすると落ちなくなりました。

プロフィール画像の変更ができました。

めでたしめでたし。

Mac から受け取った ZIP ファイルを Windows で解凍すると文字化けする。

HPの素材ファイルなどはMacで作られる事が多い。
そのMacで圧縮されたzipファイルを受け取って Windows で解凍するとファイル名の日本語が文字化けする。

文字化けしないフリーの解凍ソフトは無いかな~と探してみたら、ありました!

Explzh for Windows
http://www.ponsoftware.com/archiver/download.htm

Windows 7 対応!(64bit版も有ります)

スタートアップに登録したソフトが起動しない(windows7)

ユーザーアカウントの制御(UAC)ため、スタートアップにショートカットを作成しただけでは起動しないソフトがあります。

このような場合は「タスクスケジューラ」に登録します。

スタートメニュー→「プログラムとファイルの検索」に「タスク」と入力→「タスクスケジューラ」を選択。
タスクスケジューラ

「タスクスケジューラ ライブラリ」を選択した状態で、右側の「タスクの作成」をクリック。
タスクスケジューラ2

「全般」タブを選択。
[名前]には任意の名前を入力。
「ユーザーがログオンしているときのみ実行する」にチェック。
「最上位の特権で実行する」をチェック。
[構成]は「Windows 7, Windows Server 2008 R2」を選択。
タスクスケジューラ3

「トリガー」タブを選択。
「新規」をクリック。
[タスクの開始]は「ログオン時」を選択。
「任意のユーザー」を選択。
タスクスケジューラ4

「操作」タブを選択。
「新規」をクリック。
[プログラム/スクリプト]で、スタートアップで起動したいプログラムを選択する。
タスクスケジューラ5

「条件」タブを選択。
「コンピューターをAC電源で使用してる場合のみタスクを開始する」のチェックを外す。
タスクスケジューラ6

「条件」タブを選択。
「タスクを停止するまでの時間」のチェックを外す。
「要求時に実行中のタスクが終了しない場合、タスクを強制的に停止する」のチェックを外す。
タスクスケジューラ7

最後に「OK」設定は終了だ!

レストランが作るこだわりの逸品から会議弁当やピザチェーンまで、出前・宅配の総合グルメサイト『ぐるなびデリバリー』

「BOOTMGR is missing」と表示され、起動しない(windows 7)

普段スリープにしている Windows 7 のマシン。
朝起きてPCを見ると画面に

##############################
BOOTMGR is missing
Press Ctrl+Alt+Del to restart
##############################

と真っ黒の画面に白文字が浮かんでいる。
どうやら Windowsの更新プログラムをインストールして再起動を試みたが起動できず・・ということだろう。

仕事で使っているPCなので焦ったが、幸いもう一台PCがあったのでgoogle先生に聞いてみて簡単に解決しました。

結論から言うと、修復ディスクを入れ、まさに「Press Ctrl+Alt+Del to restart」をすると「システム回復オプション」が現れて修復してくれました。
修復ディスクを作っておいてよかった。(インストールDVDでも修復してくれるのかな?)

BOOTMGRとは?

BOOTMGR とは「Windows ブートマネージャ」というブートローダのことです。

windows7の凡ミス!!!オモロー

ファイル共通をしようと思ったら・・・・

共有を設定した項目はコンピューターがスリープ状態になるとアクセスできくなります

こんなミスするんですね。
プっ

マイクロソフトさん、謝礼をお待ちしております。(えぇ、もちろん冗談です。冗談ですよ。。。期待してませんよ。。)

※windows7(SP1)2011.3.18現在の情報です。

システム イメージの作成(windows7)

Windows7には、「システム イメージの作成」という機能があります。
これをしておくと、windowsが起動しなくなった時、またはWindowsをある時点の状態に戻したい時などに便利です。

インストール直後に
Windows Updateなどをやって
アプリケーションのインストールもやって
さぁPC使うぞ!の前にイメージバックアップを取っておけば
いつでも「さぁPC使うぞ」状態に戻すことができちゃいます。

※「システムの復元」とは別の機能です。

【操作手順】

1. コントロールパネルを開く。

2. 「システムとセキュリティ」メニュー内の「バックアップの作成」

3. 左メニューの「システム イメージの作成」

4. 「バックアップデバイスを検索中です…」と表示される。(バックアップの出力先を探しているのですね。)
コーヒーでも飲んでしばらくお待ち下さい。2口も飲む時間をくれないでしょう。

5. 保存場所を指定し、「次へ」

6. バックアップするドライブにチェックを入れ、「次へ」をクリック。
(システムドライブは必ずチェックが入ります。外せません)

7. 「バックアップの開始」をMr.マr・・・クリック。

8. バックアップの作成が始まります。
しばらくお待ちください。
今回はゆっくりコーヒーが飲めるかもしれません。

9. システム修復ディスクを作成するかどうかを聞いてきます。
まだ作っていないなら作っておいてもいいと思います。(「いいえ」を選択しても後から作ることもできます)

10.完了です。お疲れ様でした。