タグ別アーカイブ: キャッシュ

ブラウザにキャッシュさせない設定

更新頻度の高いページなどではブラウザにデータをキャッシュされては都合が悪い。

ということで、metaタグに以下を設定してキャッシュさせないようにする。

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">
<meta http-equiv="expires" content="0">

もちろん、実際にキャッシュをしないかどうかは、各ブラウザの解釈に依存する。

【上記タグの解説】
一行目と二行目

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">

は、どちらもブラウザに対してページキャッシュを無効にする設定。
※一行目は古いブラウザのために未だ残されているコードと思っておけば良いか。

上記だけではキャッシュが無効にならない場合(なんちゅうブラウザなんだ!)、
キャッシュの有効期限を指定することでキャッシュ情報を消去させる方法が、
三行目

<meta http-equiv="expires" content="0">

さらにキャッシュの有効期限を0秒に指定している。
例えば content=”3600″ と指定すれば、一時間キャッシュすることになる。