タグ別アーカイブ: サーフェス

デスクトップ画面、スタート画面切替

[Surface Pro 3]スタート画面↔デスクトップ画面の切り替え方法

Windows8にログインすると、デスクトップ画面とスタート画面のどちらかが表示されます。

デスクトップ画面は、今までのWindowsのデスクトップと同じ画面です。
スタート画面とは、アプリがタイル上に並んでいる画面のことです。

<デスクトップ画面 → スタート画面 の切り替え>
・画面左下にあるボタンをタップまたはクリックする。
デスクトップ画面とスタート画面の切替

・Surface Pro 3 の画面左にあるWindowsボタンをタップする。
デスクトップ画面、スタート画面切替

・タイプカバーの「Windows ロゴ キー」をタイプする。(※切り替えというよりはスタート画面を非表示にしている動きになります。正しくは、[Windows ロゴ キー + D]でデスクトップ画面を表示または非表示にします。)
タイプカバーのWindowsキー
 
 
<スタート画面 → デスクトップ画面 の切り替え>
・デスクトップタイルをタップする。
デスクトップタイル

・Surface Pro 3 の画面左にあるWindowsボタンをタップする。
デスクトップ画面、スタート画面切替

・タイプカバーの「Windows ロゴ キー」をタイプする。
※「Windows ロゴ キー」は「スタート画面を表示または非表示にする」という機能なので、最後に開いていた画面がデスクトップ画面の場合のみ有効です。
タイプカバーのWindowsキー

・(タイプカバーやマウスを使っている場合)画面下端でポインターを下げ続けるとタスクバーが出てくるので、画面左下のWindowsアイコンをタップまたはクリックする。
スタート画面のタスクバー

Surface Pro 3 – 64 GB / Intel i3 を買ってみた。

ノートパソコンの買い替えを考えていました。

タブレット端末も欲しいなぁと思っていました。

ということで!そのどちらも満たす、

「これさえあれば、何もいらない。」

そう、Surface Pro 3を購入しました!(私、ずっと「サーフェイス」と言っていたのですが、公式には「サーフェス」とカタカナ表記するらしいですね!発音は「サーフェイス」で良いと思いますが(^^) 日 本 人 で す か ら ! )
Surface Pro 3 タブレットの予約は Microsoft Store にて 受け付けております。

始めは妥協しないで高スペックなタイプを考えてみましたが、メインのPCがあるので下から2,3番目のタイプで良いかと思い、

さらに考えた末、一番下のグレードに決定しました!(64GB / Intel i3 / 4GB RAM)

理由は、そんなにヘビーに使わないわ!と気付いたからです。

Surface Pro 3 を買ってすることといえば、私の場合はネットサーフィンやブログを書くことくらいですかね。

それくらいの目的なら、とことん安く抑えてしまおうと思ったわけです。

一番高スペックなタイプと比べると半額以下なので、なんだかすごくお得な気分になります♪

記憶容量が64GBというのが少ないかなと思いましたが、microSD メモリ カード リーダーがあるので問題ありません。
ちなみに、購入直後のハードディスクの空き容量は半分の32GB以上はありましたよ!

タイプカバー(キーボード)はこちらのブルーを購入!
マイクロソフトもCMやカタログなどで「推し」っぽいのでこちらのしましたw
タイプカバー
明るいブルーで素敵です♪
そんなにいやらしくないですよ。

タイプカバーというだけあり、使用している状態からキーボードを上げると綺麗に収納?できます。
Surface Pro3 タイプカバー(ブルー)

Surface Pro3は12インチなんですが、タイプカバーを付けて触っていると、とても懐かしい気持ちになりました。
なんででしょうか。。。と思っていると何か記憶が蘇りました。
そうだ!私は昔、DELLのLatitude(12.1インチだったかな?)を使っていたのです!
もう10年以上前に発売されたものですから、PCも進化したな~と思っちゃうわけですね。
同じディスプレイサイズなのに、解像度はもちろん上がっているし、軽く、薄く、スタイリッシュにw、タッチパネルにも対応しちゃって、薄くて(2回目w)、速くて(一番下のグレードでも十分です。スクロール時にもたつき感がありますが問題にならない程度であります)、タブレットとしても使えちゃう!

今、この文章もサーフェスで書いているのですが。
そういえば、このタイプカバーを外してタブレットとして使うと、タイピングはどうやってするんだ?
ってことで、ちょっと今から外してみますね。

(外しています・・・しばらくお待ちください・・・)
サーフェス、タイプカバーを外す

おお!こんな感じなんですね!
画面右下のキーボードアイコンをタップするとソフトウェアキーボードが出現します!
サーフェスのソフトウェアキーボード

次の行からは、ソフトウェアキーボードで入力してみたいと思います!

え~、ただいまソフトウェアキーボードでタイプしております。
慣れると、そこそこのスピードでタイプ可能ですが、
タッチタイプ(ブラインドタッチ)ができないので目線の移動がストレスですね。
それに、タイプミスが多くんsります。
ソフトウェアキーボードが現れる分、画面の下から三分の一以上は隠れてしまいます。
でも、それによって使いにくくなるかというと、そうでもありません!
解像度が高いので、残りのスペースでも十分に情報を表示できます。

さて、まだソフトウェアキーボードを使っていますが、
案外長文いけちゃっています。。
でもやっぱり時間がかかるので、ここでタイプカバーを付けたいと思います(;^ω^)

(ただいま・・・タイプカバーを取り付けています・・・しばらくおまちください)

タイプカバーの取り付けが完了しました!
は・・・速い!取り付けスピードが速いのではなくて、タイピングがですよ!
私のタイピングは光速のようなスピードだったのか・・・と思えるほど速く感じます!(それほどソフトウェアキーボードが遅すぎたw

タイプカバーの有難味を感じることができるので、皆さんもたまにはソフトウェアキーボードの使用をお勧めしますw

あ、今サーフェスを買うとタイプカバーが無料でついてくるキャンペーンもやっているとか。

お勧めは、水色ってことでw

さて、私は今までWindows8を触ったことがなく、Surface Pro3を昨晩開封したてでまだ手探り状態ですので、これからお勉強しておもちゃ化していきたいと思っております!

Surface Pro 3 タブレットの予約は Microsoft Store にて 受け付けております。

では!