タグ別アーカイブ: Surface Pro 3

[PlayMemories Home]”PlayMemories Online”のフォルダーができて画像が勝手にダウンロードされてしまう

現時点でのPlayMemories Hone最悪の仕様が、

取り込み先フォルダーの中に“PlayMemories Online”のフォルダーができて画像が勝手にダウンロードされる

という点。

設定で機能を止めることができるだろうと考えるのが普通だが、

な ん と で き な い !

オフィシャルの解説では

「“PlayMemories Home”上に存在しない画像を“PlayMemories Online”から自動でダウンロードする機能があります。」

とあります。。。

これを「オートダウンロード」機能というそうなのですが、

「オートダウンロードの機能をオフにすることはできません。」

えw

なんでw

じゃあPlayMemories Onlineに1TBの写真がアップされていたらどうなるの?

全部ダウンロードするつもり?

どう頑張っても空き容量が30GBしかないSurface Pro 3を2nd PCとして使っている私はどうなるの?

とりあえずサインアウトをして、PlayMemories Homeのアンインストールを検討します。

[Surface Pro3] Windows8でguestアカウントを有効にする方法

[Surface Pro 3] Windows 8 で Guestアカウントを利用できるようにする方法

購入時は無効になっているGuestアカウントを有効にする方法です。

管理者アカウントでWindows 8にサインインします。

コントロールパネルを開きます。(「Windowsキー」+「X」、またはデスクトップ画面で画面左下のWindowsアイコンを長くタップし続けて離すとメニューが出るので「コントロールパネル」をタップまたはクリックします)
guestアカウントを有効にする方法1

コントロールパネルが表示されたら「アカウントの種類の変更」をクリック。
guestアカウントを有効にする方法2

「Guest」をクリック。
guestアカウントを有効にする方法3

「オン」をクリック。
guestアカウントを有効にする方法4

これでGuestアカウントが有効になりました!
Guestアカウントを無効にする場合も同じ手順です。

SurfacePro3タイプカバーのF1とF2キー

[Surface Pro 3] 画面の明るさが変わらない?タイプカバーの特殊キーの正しい意味

「俺のSurface Pro 3 は壊れている!」と初めて思ったのは触りだしてまだ30分も経たない時でした。

F1にあたるキーを押しても画面が暗くならないのです。
F2にあたるキーを押しても画面が明るくならないのです。
SurfacePro3タイプカバーのF1とF2キー
おかしいけど、まぁいいや!

と思って放置していました。
それから数時間後、さっとマニュアルに拾い読みしました。(たまたま目に止まってよかった!)

F1とF2キーにあるマークの意味、これはディスプレイの明るさを調整するという意味ではなかったのです!おかしいなぁと思ってあまり気にせず未解決の人も多いのではないでしょうか。

本当の意味は「キーボードのバックライトの明るさ調整」でした。

他のキーの割り当ては以下のとおり。

F1(F1) キーボードのバックライトを暗くする(※ディスプレイの明るさではない!)
F2(F2) キーボードのバックライトを明るくする(※ディスプレイの明るさではない!)
F3(F3) オーディオのミュート (消音) をオンまたはオフにする
F4(F4) オーディオまたはビデオの再生または一時停止
F5(F5) 検索チャームを開く
F6(F6) 共有チャームを開く
F7(F7) デバイス チャームを開く
F8(F8) 設定チャームを開く
Windows ロゴ キー(Windows ロゴ キー) スタート画面を開く、または既にスタート画面が開いている場合は、最も最近のアプリに戻る

で、

肝心のディスプレイの明るさ調整の方法はどうするの?

と、やはり気になる方はご安心くださいませ!ちゃんとキーが割り当てられていました!

Fn + Del 画面を明るくする
Fn + BackSpace 画面を暗くする

ついでに便利なスクリーンショットに関するショートカットキーもご紹介!

Fn + Space Windows クリップボードに画面全体のスクリーンショットを格納する
Fn + Alt + Space アクティブなウィンドウのスクリーンショットを Windows クリップボードに格納する

※「本体Windowsロゴボタン + ボリューム下げるボタン」または「Windowsロゴキー + Fn + Space」でスクリーンショットのファイル保存ができます。(保存先はピクチャ>スクリーンショット フォルダ)

「私ってベテランだから、そうゆう余計なアイコンの機能よりも、従来通りのファンションモードで使いたいんだよね。」

という方は、キーをファンクション モードでロックする方法がございますよ!

方法は極めて簡単!

Fn + Caps

まさにファンクション(Fn)をロック(Caps)です!
(同じ操作で、ファンクション キー ロックを解除)

ファンクション キー ロックした時に、アイコン機能を使いたい時は、逆に「Fn + アイコン」で機能しますよ。

ショートカット キー

[Windows 8 / 8.1] 覚えて便利なショートカット キー ベスト20!

Windows 8 / 8.1 で便利なショートカットキーを、よく使われる一般的なものも含めて紹介します。

※ 表記の読み方は、Shift + Tab は Shift キーを押しながら Tab キーを押すという意味です。

キー操作 機能
Windows ロゴ キー スタート画面を表示または非表示にする
Windows ロゴ キー + C チャームを開く
Windows ロゴ キー + C ファイルを検索する
Windows ロゴ キー + Q アプリを検索する
Alt + F4 アクティブな項目を閉じる。またはアクティブなアプリを終了する
Alt + Esc (デスクトップ画面で)項目を開かれた順序で順番に切り替える
Windows ロゴ キー + Tab 使用中のアプリ (デスクトップ アプリを除く) を順番に切り替える
Windows ロゴ キー + ↑ デスクトップ ウィンドウを最大化する
Windows ロゴ キー + ↓ デスクトップ ウィンドウを最小化する
Windows ロゴ キー + ← 画面の左側にデスクトップ ウィンドウを最大化する
Windows ロゴ キー + → 画面の右側にデスクトップ ウィンドウを最大化する
Alt + Tab 使用中のアプリを切り替える
Ctrl+Tab 次のタブに移動する(ブラウザのタブ切り替えにも使用可能)
Ctrl+Tab (ブラウザの)タブを閉じる
Ctrl + A ドキュメントまたはウィンドウのすべての項目を選択する
Ctrl + X 選択した項目を切り取る
Ctrl + C (または Ctrl + Ins) 選択した項目をコピーする
Ctrl + Y 操作をやり直す
Ctrl + Z 操作を元に戻す(undo)
Shift + Del (ごみ箱に移動せずに)選択した項目を完全に削除する
Ctrl + R (または F5) 作業中のウィンドウを最新の情報に更新する
Windows ロゴ キー + P プレゼンテーション表示モードを選択する

[Windows 8] ファイルの拡張子を表示する方法

拡張子とは、ファイル名末尾の「.(ピリオド)」以降の英数字です。通常、3文字であることが一般的です。
Windows 8 / 8.1 の初期設定では、ファイルの拡張子は非表示になっています。

<Windows 8 / 8.l でファイル拡張子を表示する方法>
1. コントロールパネルを表示する。
(※コントロールパネルの表示の仕方は、[Windows]キーを押しながら[X]キーを押す、またはデスクトップ画面左下のWindowsアイコンを長タップまたは右クリックし、現れたメニューメニューから「コントロールパネルを選択する」)
Windowsキー+X

2. 「コントロールパネル」が表示されたら、表示方法を「カテゴリ」にして、「デスクトップのカスタマイズ」をタップまたはクリックする。
(※表示方法が「アイコン」の場合は「フォルダーオプション」をクリックし、手順4へ。)
コントロールパネル-表示方法-カテゴリ

3. 「フォルダーオプション」をタップまたはクリックする。
フォルダーオプション

4. 「表示」タブをタップまたはクリックする。
表示タブをクリック

5. 「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外し、「OK」ボタンをタップまたはクリック。
「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す

これで拡張子が表示されるようになりました。
ファイル名を確認してみてください。

レストランが作るこだわりの逸品から会議弁当やピザチェーンまで、出前・宅配の総合グルメサイト『ぐるなびデリバリー』
デスクトップ画面、スタート画面切替

[Surface Pro 3]スタート画面↔デスクトップ画面の切り替え方法

Windows8にログインすると、デスクトップ画面とスタート画面のどちらかが表示されます。

デスクトップ画面は、今までのWindowsのデスクトップと同じ画面です。
スタート画面とは、アプリがタイル上に並んでいる画面のことです。

<デスクトップ画面 → スタート画面 の切り替え>
・画面左下にあるボタンをタップまたはクリックする。
デスクトップ画面とスタート画面の切替

・Surface Pro 3 の画面左にあるWindowsボタンをタップする。
デスクトップ画面、スタート画面切替

・タイプカバーの「Windows ロゴ キー」をタイプする。(※切り替えというよりはスタート画面を非表示にしている動きになります。正しくは、[Windows ロゴ キー + D]でデスクトップ画面を表示または非表示にします。)
タイプカバーのWindowsキー
 
 
<スタート画面 → デスクトップ画面 の切り替え>
・デスクトップタイルをタップする。
デスクトップタイル

・Surface Pro 3 の画面左にあるWindowsボタンをタップする。
デスクトップ画面、スタート画面切替

・タイプカバーの「Windows ロゴ キー」をタイプする。
※「Windows ロゴ キー」は「スタート画面を表示または非表示にする」という機能なので、最後に開いていた画面がデスクトップ画面の場合のみ有効です。
タイプカバーのWindowsキー

・(タイプカバーやマウスを使っている場合)画面下端でポインターを下げ続けるとタスクバーが出てくるので、画面左下のWindowsアイコンをタップまたはクリックする。
スタート画面のタスクバー

[Surface Pro 3] スクリーンショットを撮る方法

Surface Pro 3 でスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

<1>タイプカバーを使ってスクリーンショットを撮る方法
「Windows」キー+「Fn」キー+「Space」キーを同時に押す。

<2>本体のみでスクリーンショットを撮る方法
「Windowsボタン」を押しながら「ボリューム下げるボタン」を押す。

<1>と<2>の方法で撮ったスクリーンショット画像は、「ピクチャ」>「スクリーンショット」フォルダに保存されます。同時にクリップボードにもコピーされるので、そのままペースト可能です。

<3>クリップボードのみにスクリーンショットをコピーする方法
ディスプレイ全体のスクリーンショット:Fn + Space
ウインドウスクリーンショット:Alt + Fn + Space

[Surface Pro3]タッチスクリーン操作の方法の覚える

Surface Pro 3 を使いこなすために、すべてマスターしましょう!

Surface Pro 3 (サーフェス プロ 3)のタッチスクリーンを操作するには、次の方法があります。
・タップ
・スライド
・押したままにする
・タップ、タップ スライド(タップ アンド ハーフ)
・ピンチまたはストレッチ
・回転
・スワイプして選択する
・スライドによる並べ替え
・端からスワイプする

以下に、1つずつ解説します。

<1. タップ>
【方法】アイテムを一回タップ(スクリーンに触る)する。
【機能】タップしたアイテムが開く。(マウスのクリックに相当する)

<2. スライド>
【方法】画面上を指でドラッグする。
【機能】画面に表示されているアイテムをスクロールする。

<3. 押したままにする>
【方法】指で数秒間押し続ける。
【機能】現在の操作に関連するオプションが表示される。(マウスの右クリックに相当する)

<4. タップ、タップ スライド(タップ アンド ハーフ)>
【方法】2回タップし、2回目のタップで止める。それからスライドする。
【機能】アイテムをドラッグする。テキストを選択する。(テキストの選択は<7. スワイプして選択する>方法も便利)

<5. ピンチまたはストレッチ>
【方法】親指と人差し指で同時につまむようにする。つまんだ指を離すように移動する。
【機能】Webサイト、地図、または画像を拡大または縮小する。

<6. 回転>
【方法】2本以上の指をアイテム上に置いてから、手を回転させる。
【機能】(回転できる場合は、)アイテムを回転する 。

<7. スワイプして選択する>
【方法】ページをスクロールする動作と直交する方向に、アイテムを少しだけスライドさせる。(例えば、上下にスクロールするWEBページで写真やテキストを左右方向にスライドさせてみてください。)
【機能】アプリのタイルや写真のようなアイテムを選ぶ。

<8. スライドによる並べ替え>
【方法】アイテムをタップし、新しい場所にドラッグして離す。
【機能】アイテムを移動する。

<9. 端からスワイプする>
【方法】画面の端から内側へスワイプする。(画面の上下左右により機能が異なる)
【機能】右:チャームを開く。
左:開いているアプリに切り替えるか、アプリをスナップするか、開いているアプリを一覧表示する。
上または下:アプリ コマンドを表示する。
上端:アプリを閉じる。

Surface Pro 3 – 64 GB / Intel i3 を買ってみた。

ノートパソコンの買い替えを考えていました。

タブレット端末も欲しいなぁと思っていました。

ということで!そのどちらも満たす、

「これさえあれば、何もいらない。」

そう、Surface Pro 3を購入しました!(私、ずっと「サーフェイス」と言っていたのですが、公式には「サーフェス」とカタカナ表記するらしいですね!発音は「サーフェイス」で良いと思いますが(^^) 日 本 人 で す か ら ! )
Surface Pro 3 タブレットの予約は Microsoft Store にて 受け付けております。

始めは妥協しないで高スペックなタイプを考えてみましたが、メインのPCがあるので下から2,3番目のタイプで良いかと思い、

さらに考えた末、一番下のグレードに決定しました!(64GB / Intel i3 / 4GB RAM)

理由は、そんなにヘビーに使わないわ!と気付いたからです。

Surface Pro 3 を買ってすることといえば、私の場合はネットサーフィンやブログを書くことくらいですかね。

それくらいの目的なら、とことん安く抑えてしまおうと思ったわけです。

一番高スペックなタイプと比べると半額以下なので、なんだかすごくお得な気分になります♪

記憶容量が64GBというのが少ないかなと思いましたが、microSD メモリ カード リーダーがあるので問題ありません。
ちなみに、購入直後のハードディスクの空き容量は半分の32GB以上はありましたよ!

タイプカバー(キーボード)はこちらのブルーを購入!
マイクロソフトもCMやカタログなどで「推し」っぽいのでこちらのしましたw
タイプカバー
明るいブルーで素敵です♪
そんなにいやらしくないですよ。

タイプカバーというだけあり、使用している状態からキーボードを上げると綺麗に収納?できます。
Surface Pro3 タイプカバー(ブルー)

Surface Pro3は12インチなんですが、タイプカバーを付けて触っていると、とても懐かしい気持ちになりました。
なんででしょうか。。。と思っていると何か記憶が蘇りました。
そうだ!私は昔、DELLのLatitude(12.1インチだったかな?)を使っていたのです!
もう10年以上前に発売されたものですから、PCも進化したな~と思っちゃうわけですね。
同じディスプレイサイズなのに、解像度はもちろん上がっているし、軽く、薄く、スタイリッシュにw、タッチパネルにも対応しちゃって、薄くて(2回目w)、速くて(一番下のグレードでも十分です。スクロール時にもたつき感がありますが問題にならない程度であります)、タブレットとしても使えちゃう!

今、この文章もサーフェスで書いているのですが。
そういえば、このタイプカバーを外してタブレットとして使うと、タイピングはどうやってするんだ?
ってことで、ちょっと今から外してみますね。

(外しています・・・しばらくお待ちください・・・)
サーフェス、タイプカバーを外す

おお!こんな感じなんですね!
画面右下のキーボードアイコンをタップするとソフトウェアキーボードが出現します!
サーフェスのソフトウェアキーボード

次の行からは、ソフトウェアキーボードで入力してみたいと思います!

え~、ただいまソフトウェアキーボードでタイプしております。
慣れると、そこそこのスピードでタイプ可能ですが、
タッチタイプ(ブラインドタッチ)ができないので目線の移動がストレスですね。
それに、タイプミスが多くんsります。
ソフトウェアキーボードが現れる分、画面の下から三分の一以上は隠れてしまいます。
でも、それによって使いにくくなるかというと、そうでもありません!
解像度が高いので、残りのスペースでも十分に情報を表示できます。

さて、まだソフトウェアキーボードを使っていますが、
案外長文いけちゃっています。。
でもやっぱり時間がかかるので、ここでタイプカバーを付けたいと思います(;^ω^)

(ただいま・・・タイプカバーを取り付けています・・・しばらくおまちください)

タイプカバーの取り付けが完了しました!
は・・・速い!取り付けスピードが速いのではなくて、タイピングがですよ!
私のタイピングは光速のようなスピードだったのか・・・と思えるほど速く感じます!(それほどソフトウェアキーボードが遅すぎたw

タイプカバーの有難味を感じることができるので、皆さんもたまにはソフトウェアキーボードの使用をお勧めしますw

あ、今サーフェスを買うとタイプカバーが無料でついてくるキャンペーンもやっているとか。

お勧めは、水色ってことでw

さて、私は今までWindows8を触ったことがなく、Surface Pro3を昨晩開封したてでまだ手探り状態ですので、これからお勉強しておもちゃ化していきたいと思っております!

Surface Pro 3 タブレットの予約は Microsoft Store にて 受け付けております。

では!