タグ別アーカイブ: 税金対策

個人事業主の節税対策いろいろ

節税、3つのポイント!

個人事業主の課税所得金額は次の計算で決まる。

売上 - 経費青色申告特別控除所得控除 = 課税所得金額

つまり、節税のポイントは次の3つ。

  1. 経費を漏れなく計上する。
  2. 青色申告をする。(特別控除65万円)
  3. 税法上の特典(所得控除)を活用する。

経費を漏れなく計上する。

必要経費として認められるものは漏れ無く経費に計上します。
そのためには、必要経費として認められる範囲を把握しておくことが大切です。
領収書をもらう癖をつけておくことが大切です。

次に、「家事関連費」を漏れ無く必要経費に計上します。
家賃、水道光熱費、通信費、車の費用などを、事業で使用している割合に応じて必要経費にすることができます。

青色申告をする。(特別控除65万円)

必ずやりたいのが青色申告特別控除です。
これは、青色申告をすると課税所得金額が65万円控除されるというものです。(H23年現在)
例えば、本来300万円に対して税金がかかってくる所が、65万円マイナスの235万円に対して課税されることになります。

65万円の所得控除の他にも、赤字損失分を3年間繰越できたり、家族への給与が必要経費になったり、減価償却の特例が受けられたりとメリットがあります。

税法上の特典(所得控除)を活用する。

確定申告書に、所得控除の欄があります。
該当項目を漏れ無く計上しましょう。
医療費控除や社会保険料控除、地震保険料控除、配偶者控除などがあります。
※医療費控除は家族の分ならば合算して誰が申告してもよい。

その他の節税対策

節税効果として、またはご自身の将来の保障として、国民年金基金や小規模企業共済、生命保険、個人年金保険への加入も検討する価値があります。