原因は体の洗い方にあるかもしれません

皆さんは何で体を洗っているでしょうか。
スポンジやナイロンタオルで洗っている方が多いのではないでしょうか。
ヘチマという人もいるかもしれません。

ナイロンタオルでゴシゴシ洗うとたくさんのあかが出るので綺麗になっていると感じます。それで、ますます強く擦って洗おうとしてしまいます。

実は、この落ちた「あか」の正体は皮膚の保護をしてくれる角質・皮脂・善玉菌なのです。
これらは外部からのウイスルなどが体に侵入しようとするのを防いでくれています。
ですから、「角質・皮脂・善玉菌」を汚れだと思って必要以上に落とすのはよくありません。

健康面以外に、お肌のためにもスポンジやナイロンタオル(やヘチマ)を使うことはオススメできません。
ナイロンタオルで念入りに洗いすぎて黒皮症を起こし、背中が一面シミになってしまうといったこともあるようです。

本来、体は健康面、美容面において手のひらで優しく洗うだけで十分なのです。
ちなみに、私の場合は石鹸さえ使いませんよ(*^_^*)
軽く手のひらで撫でる程度で、あとはお風呂にゆっくり浸かって必要以上の皮脂などを落とす程度にしています。
肌が乾燥するということもありませんし、日中にかく汗の量も以前に比べ減ったと実感しております♪

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。