カテゴリー別アーカイブ: 食事

我が家流 黒ニンニクの作り方

自家製 黒にんにくの作り方をまとめてみた。

数年前に母親がガンになりました。
現在は無事完治しましたが、その経験からガン予防のための健康法や食事法に目覚めた母親は自らニンニクを栽培して黒にんにく作りをしています。
その黒ニンニクの作り方をまとめておきます。

準備するもの

  • ニンニク(※1)
  • 炊飯器(※2)

※1 ニンニクは丸ごとがおすすめ。
※2 炊飯器はニンニクの臭いがつくので、専用のものを用意します(ニンニク臭の白米が大好きな方は兼用でもよいでしょう)。また、短い時間で保温が自動で切れてしまう炊飯器は避けましょう。 →楽天で激安の炊飯器を探す場合はコチラ

作り方

手順1

炊飯器の準備。
炊飯器にもよるが、釜の底部はかなり高温になる場合があります。また、水が溜まることがあるので、金網やすのこのようなものを置くのが良いでしょう。さらに、水分を吸収してくれるように新聞紙かキッチンペーパーなどで軽く包み込むようにしてニンニクを入れます。

手順2

炊飯器にニンニクを入れ、保温ボタンを押します。(炊飯ボタンではありません。)

手順3

水分ムラと焼きムラ防止のために、必要に応じて毎日炊飯器を開けて釜の中のニンニクを上下入れ替えます。
この時、釜の底に水分が溜まっていれば捨てます。

手順4

保温ボタンを押してから10~20日間ほど「手順3」を繰り返して熟成させていきます。
数日すると、ニンニクの強烈な匂いは少しずつに薄くなっていきます。
熟成完成までの期間の長さは、使うニンニクが含む水分量で変わってきます。収穫直後の水分を多く含んだニンニクなら時間がかかり、水分が少ないと早く完成します。
水分が多いニンニクを使う場合は、度々蓋を開けて蒸気を逃がすようにします。そうすることで蒸れ過ぎて玉全体が黒くなることを防ぐことができます。(玉全体が黒くなっても品質に問題があるわけではありません。)
逆に乾燥しすぎても、硬くなり味が落ちます。
黒ニンニク作りは水分管理が肝です。

手順5

熟成完了を見極めます。
ニンニクをひとつ剥いてみて、色が茶色から黒に変わったところで炊飯器による熟成を終了します。
また、ニンニク臭が黒ニンニクの香りに変化するタイミングも完成を見極めるポイントになります。嗅覚も研ぎ澄ましましょう。

手順6

ニンニクを炊飯器から取り出したら、紙袋などに入れて一週間ほど常温で寝かせます。
寝かせることで味をまろやかにします。

手順7

黒にんにくを瓶や袋に入れて保存します。
常温でも長期保存ができますし、冷蔵庫に入れて保存しても良いです。冷蔵庫に入れると乾燥気味になって硬くなるため、それを好む方もいます。
たくさん作った場合は冷凍保存しても良いでしょう。
我が家流 黒ニンニクの作り方

黒ニンニク作りのヒント

苦味がある

→熟成期間が長すぎたかもしれません。これ以上炊飯器で熟成させると、硬くなって苦味が増していきます。
炊飯器の熟成を終了させましょう。

出来上がりが硬い

→炊飯器にニンニクを入れる量が少なすぎ、湿度が不足していたのかもしれません。次回は炊飯器に入れるニンニクの量を増やして挑戦してみましょう!

最高の出来がどんなものかわからない

→まずは、プロが作った高品質な黒にんにくを購入して食べてみることをおすすめします!本物の黒にんにくの見た目、色、味を知らなければ、最高のものを作りたくても改善の方向がわかりません。

▼楽天で買えるおすすめの黒にんにくを紹介しておきます。

★【モンドセレクション金賞受賞】岡崎屋の純黒にんにく→お得なお試しサイズはこちら
遠赤外線でじっくり熟成してあるので中までしっとり甘くプルーンの様です。この味を知らないまま黒にんにく作りに奮闘するのは勿体無いの一言です^^

★青森県産 波動発酵熟成黒にんにく→お得なお試しサイズはこちら
独自の波動設備(超音波&遠赤外線)で約一ヶ月かけて熟成発酵させた黒にんにくです。

プロはどんな作り方をしてるの?

プロの業者も、それぞれの会社で研究し、独自の作り方をしています。発酵・熟成時の温度や湿度の設定は会社ごとに異なり、機材や設備も異なります。
黒にんにく作りのヒントにするため、いくつかの会社の作り方を参考にポイントをまとめてみましたので参考にしてください→「黒にんにくの作り方のヒントをまとめてみた。

長寿と若返りを叶えてくれるサーチュイン遺伝子を活性化させる方法

サーチュイン遺伝子は、その活性化により長寿や若返りが可能になるとされています。
別名、長寿遺伝子、長生き遺伝子、抗老化遺伝子などとも呼ばれます。

では、サーチュイン遺伝子を活性化させるにはどうすればよいのでしょうか。

実は、非常に簡単な事だったのです。

いや、方法は簡単だけど、多くの人にとっては実践するのが難しいのかもしれません。

その方法とは、

「食べ過ぎないこと」

です。

サーチュイン遺伝子や、飢餓状態を作り出すことで活性化します。
あらゆる実験で、動物は食事量を削減した時に長生きできるということが証明されています。
また、同時に肌や毛並みがよく、顔つきも若々しくなるのです。

腹8分目と言う言葉がありますが、現代人のライフスタイルから考えれば、もっと少なくても良いかもしれません。
徐々に慣らせていき、最終的には腹6分目くらいを目指していきましょう。

食事の回数も減らしましょう。
一日三度の飯は食べ過ぎであり、多くて二度で十分です。
エジソン以外に一日三食べないと困る理由がある人がいるのでしょうか。

空腹を感じた時に、何を考えますか?
これからは次に考えてみてはどうでしょうか。

「今、私は若返っているんだ。」

そう考えれば空腹の時間さえ嬉しい時間になりますね♪

食べ過ぎることでリスクは増える疾病は数え切れないほどあります。
食べ過ぎない心掛けだけで、多くの病気の心配せずに安心して生活ができるのだということを考えて頂きたいと思います。

最後に・・・
腹6分目×一日2食の嬉しい副産物
・一日中頭も身体もキレキレ♪
・時間が生まれる♪
・食費が浮く♪
・肥満防止に♪
・お肌が綺麗に♪
・髪の毛がツヤツヤに♪
・仕事中に眠たくならない♪
・食べられることに感謝するようになる♪
などなど・・・挙げるとキリがありませんね♪

そんな私はこの記事を書いている間、ずっとお腹がぐぅ~~っと言っておりますのでサーチュイン遺伝子が活性化しているのかもしれません(*^^*)

「白米vs玄米」 健康と美容のために知って食べ分ける

まずはじめに、炭水化物(米など)を抜いてダイエットをする方法がメディアを中心にクローズアップされています。しかし、それは即効性だけのダイエット方法であり、そんなことをしていると筋肉量が落ち、むしろ体質的には太りやすくなるので注意が必要です。

今回は、お米(白米または玄米)を食べることによる様々な効果をまとめてみます。

お米をしっかり食べないと満足感がでなくて、間食が増えて結局太っていますというパターンも多く見られます(^_^;)
食べることによるダイエットが出来れば、全てが満たされますよね♪

白米と玄米、それぞれの特徴を知り食べ分ける事で、肥満や肌荒れを改善することができます。

玄米が体に良いとは言われますが、ずっと玄米を食べる必要はなく、むしろ体調や目的に合わせて食べ分けることも重要なのです。

例えば、体調(胃腸の調子)が悪いのに玄米を食べると体に負担がかかるため、好ましくありません。

■玄米とは

白米が一般的ですので、玄米のことをよくわかっていない人も多いと思います。
玄米とは、稲穂から籾殻をむいただけのものです。色は薄茶色です。(これはぬか層の色です。)
そのぬか層と胚芽を削って胚乳だけにしたものが、白米です。

■白米と玄米 栄養の違い

白米と玄米では含まれる栄養分が大きく違います。
しかし、カロリー(エネルギー)はほとんど同じなのです。

栄養素 白米 玄米
ナトリウム 1mg 1mg
カリウム 88mg 230mg
カルシウム 5mg 9mg
マグネシウム 23mg 110mg
リン 94mg 290mg
エネルギー 356kcal 350kcal
タンパク質 6.1g 6.8g
脂質 0.9g 2.7g
炭水化物 77.1g 73.8g
食物繊維 0.5g 3.0g

この表を見ると、栄養が多い玄米を食べる方が良いのではないかと思いますよね。
しかし、玄米と白米には次のような特徴があります。

玄米→栄養が多いが、消化しにくい
白米→栄養が少ないが、消化しやすい

この特徴を知れば、体調や目的に合わせて、適切に食べ分けることができるます♪

症状別に食べ分けの正解を見てみましょう。

◆症状その1「肥満」

肥満対策には、「白米」を食べることが正解です。

その理由には、肥満の人は早食いでよく噛まない人が多いということによります。
玄米には脂肪燃焼のための栄養素はたくさん含まれているのですが、それらは吸収されて初めて役に立つものです。しかし、玄米は食物繊維が多く、よく噛んで食べないと脂肪を燃焼させる栄養を吸収しにくいのです。
そのため、噛まない人は白米のエネルギーで脂肪を燃焼させる方が良いという考え方です。

もちろん、肥満でもしっかりお米を噛む習慣がある方なら玄米を食べるのは良いことです。

まずは、白米で「きちんと噛む」習慣を付けましょう

◆症状その2「肌荒れ」

肥満対策には、「玄米」を食べることが正解です。

玄米には、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化成分「ビタミンE」が多く含まれます

そして、植物性タンパク質も玄米の方が多く含まれます。肌は「タンパク質」で出来ているわけですから、体の中から肌を綺麗にするには植物性タンパク質が豊富な玄米が良いわけですね。
さらに、タンパク質を代謝して肌にするのに必要なビタミンやミネラルが玄米には豊富に含まれます。

美容、アンチエイジング、肌荒れなど、お肌のことを考えると玄米は非常に優れていると言えます。

ただし、よく噛み、消化吸収ができることが前提です。「噛めば噛むほど綺麗になる」を合言葉に噛む習慣を付けましょう(*^^*)

オススメの食べ方は、玄米の卵かけご飯!
生卵の動物性タンパク質を一緒に食べることでお肌にとってさらに良い効果が期待できます♪

◆症状その3「疲労回復」

疲労回復には、「玄米」を食べることが正解です。

玄米には、疲労回復に有効なビタミンB1がニンニクの約2倍含まれています!
ビタミンB群は、ドリンク剤なんかに入っているような栄養素ですが、玄米にはそれらがほとんど入っています。

玄米を食べることは、知らず知らずのうちに毎日溜まる疲れを取り除いてくれるということですね♪

◆症状その4「風邪」

風邪には、「白米」を食べることが正解です。

風邪の時は、胃腸が弱っています。というよりも、ウイルスと戦わなければいけませんから、胃腸にエネルギーを使っている場合ではないのです。

ただし、ウイルスと戦うために体温を上げる必要があります。そのため、最低限のエネルギーが必要ですから、食欲がある場合は、消化吸収の良い白米を食べるようにしましょう!

食べ方としては、おかゆがオススメです。水分も多く、消化吸収が早いので弱った胃腸に負担をかけません。
梅干しを乗せれば、なおよろしいかと思います♪
梅干しに含まれるクエン酸は、抗菌作用や、糖の吸収を緩やかにするなどの働きがあります。

◆症状その5「高血圧」

高血圧対策としては、「玄米」を食べることが正解です。

高血圧の敵である塩分を排出してくれるのが、カリウムです
玄米は白米に比べて、カリウムをより多く含みます。

白米→88mg
玄米→230mg

よく噛んで玄米を食べれば、高血圧対策にも繋がるのですね♪

さらに、塩分を排出してくれるということは、多くの女性が悩む「むくみ」の解消にも繋がるわけですね♪

まとめてみると、

基本は「玄米」。体調が悪い時は「白米」。どちらもよく噛んで食べる!

ということになりそうですね(*^^*)

食事は必ず腹八分目まで

長生きされる方に長生きの秘訣を伺ったら揃っておっしゃること、それが

腹八分目。

昔から伝えられることにも「過食は万病のもと」という言葉がたくさん残されています。

    ▼腹八分目(食べ過ぎない)の効果

  • 悪玉コレステロール値、中性脂肪値の低下
  • 血液どろどろ化の解消
  • 内蔵機能の向上
  • 冷え性の解消
  • 便秘解消
  • 長寿と若返りの秘訣であるサーチュイン遺伝子が発現する

腹八分目よりも腹七分目。七分目よりも五分目。

    ▼腹八分目を実践するコツ

  • ゆっくり食べる。
  • 満腹感は時間差で訪れるので、時間をかけて食べることで少量で満腹感を得られます。

  • よく噛む。
  • 時間をかけることにつながるので少量で満腹感を得られます。また、消化を助けます。さらに、唾液の分泌を促します。(唾液には素晴らしい分泌物が含まれます!詳細は割愛。)