カテゴリー別アーカイブ: 未分類

感覚機能の衰えは危険信号!そこから繋がる重大な病とは

高齢になると熱いお風呂が好きという方が増えてきます。
この症状、実は「感覚機能の衰え」なのです。

感覚機能とは、
・視覚
・臭覚
・聴覚
・味覚
・肌感覚
がなどがあります。
これらの感覚は、加齢とともに鈍くなっていくのです。

視覚が鈍れば、目がかすむ。聴覚が鈍れば、耳が遠くなる、などの症状が現れますよね。

これらの感覚が鈍くなってきた場合は、自分で気づくことができます。
問題なのは、これら以外の気づかない感覚の鈍りなのです。
これらの感覚が鈍くなっている人は、ある重要な「臓器の感覚」も鈍くなっている可能性が高いといいます。
臓器の感覚が鈍り、異変に気づけなかった場合、命の危険につながることがあります。

次のような症状が見られたら要注意です。
□お風呂がぬるく感じる
□味覚が鈍くなる(他人に味付けが濃いと言われる)
□足裏に違和感がある
□すぐに息が上がる
□微熱が続く

これらの感覚機能の衰えの症状が見られる場合に疑うべき重大な病とは「心筋梗塞」です。
感覚機能が衰えていた臓器は「心臓」だったのです。

そもそも、感覚機能を衰えさせていた最大の原因は血管の老化である「動脈硬化」です。

動脈硬化によって血流が低下すると、その周囲にある神経に栄養が行き届かなくなり感覚機能の低下を起こしていたのです。
通常は心筋梗塞を起こすと胸に激しい痛みを伴うはずなのですが、心臓自体の感覚機能が衰えている場合は心筋梗塞の存在に気づくことができません。その間、心臓の壊死は拡大し続けているのです。大変恐ろしい異変にさえ気づかないのです。

では、その原因は?
通常は加齢が原因となる心筋梗塞ですが、もう一つの注目される原因は「糖尿病」です。
糖尿病が原因となる場合は、加齢で起こる動脈硬化に比べて急激に進行します。

病は病を生みます。
負のスパイラルにならないように生活習慣・食習慣を改める必要があります。
糖尿病は血液検査で簡単に確認ができますので、気になる方はチェックしてくださいね。
早めの対策が重要ですよ。(*^_^*)

臓器に関するTV番組のメモ

・胃が綺麗な人は病気になりにくい。(胃が状態は年齢に関係なし。胃が荒れていると認知症になりやすい。さらに、胃が荒れているとビタミンCが吸収されにくい。)

・ダイエットをしても胃は小さくならない!

・美は健康な胃作りから!

・「胃もたれ」とは、胃の働きが悪く食べ物が胃に留まっている状態。

・胃がグゥーっと鳴っている時は、胃の中の食べかすを十二指腸に送り出している。(胃のお掃除!)

・脂肪分を摂取し過ぎると学習記憶障害が起こる可能性がある。

・玄米は脂肪摂取の欲求を抑える。

・日本人の6割には胃炎がある。(無症状の人が多い)

・アジア人は胃がんを引き起こすピロリ菌を持っている人が多い。

・胃がん患者の99%がピロリ菌保有者!

・ピロリ菌保菌者かどうかは病院で簡単に調べられる。

・ピロリ菌を除菌すると胃がん発症率はなんと3分の1に!

・ピロリ菌の除菌は一週間で薬を服用するだけでできる。(なんと、今は保険適用!)

・逆流性食道炎(=胸焼け)に効果的な食べ物は、キャベツとガム!

・成長期の頃、脂っこいものをたくさん食べると、胃酸が多く出る体質になり逆流性食道炎になりやすくなる。

・お酒と一緒に食べると食道に良い食べ物は、イカとタコ!

胃腸を休める

現代人は常に何かを食べている。

だから胃腸が休まる時間が少ない。

健康は、元気な胃腸が大前提。

睡眠3時間前には食べないなど、しっかりと胃腸を休める事が健康を作るには大切になってくる。

ご飯の時間だから食べる、ではなく、お腹が空いたから食べる、という摂取の仕方が自然である。

過食はいけない。全ての病は宿便(過食)が原因であると言われる。

ヒートショックプロテイン入浴法

まず、『ヒートショックプロテイン』とは傷ついた筋肉の細胞などを回復させるたんぱく質のことを言います。
その他にも、疲労回復やストレス軽減にも働きかけます。
さらに、免疫細胞であるNK 細胞やT 細胞の活性化にも働きかけます。(NK 細胞はガン細胞をやっつけます!)

では、本題のヒートショックプロテインを活性化させる方法ですが、すごく簡単にできます。

熱い湯で入浴するだけ

です。

入浴時間の目安は、
40℃→20分
41℃→15分
42℃→10分
(半身浴の場合は+5分)

これだけで効果は4日間ほど持続します。

レストランが作るこだわりの逸品から会議弁当やピザチェーンまで、出前・宅配の総合グルメサイト『ぐるなびデリバリー』