タグ別アーカイブ: 朝風呂

朝風呂の適切な設定温度

冬の朝風呂の注意点とおすすめの入浴法

寒い冬には朝からお風呂に入って体を温める方も多いようですが、冬の誤った入浴法は命の危険性もありますから十分に注意してください。

入浴前にコップ一杯の水を飲む

冬は水分を摂ることを怠りがちです。特に寝起きの体は、睡眠中に汗や呼吸によって水分を失っているために乾燥気味になります。この状態でお風呂に入ると、汗をかいてさらに体の水分を失い、血圧が上がり過ぎてしまうため非常に危険です。
起きたらコップ一杯のお水または白湯を飲みましょう。(冷たすぎないお水をゆっくり飲むのがおすすめです。)
お風呂に入る前にコップ一杯の水を飲む

お風呂のフタを開けたまま湯張りする

お風呂に湯張りをする時にフタは開けておけばお湯の水蒸気で浴室が温まります。浴室の扉を開けておき、脱衣所も一緒に温めておきましょう。

家(部屋)、脱衣所、浴室、お風呂の湯温、これらの温度差が大きいほど、血圧の急激な変動や体温の上昇につながり、それが心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などを引き起こします。

寒い脱衣所で服を脱ぐと、冷気で血管が収縮して急激に血圧が上がってしまいます。服を脱ぐ前に、脱衣所と浴室は出来る限り温めておきましょう。

ぬるま湯にゆっくり浸かる

冷えた体を熱過ぎるお風呂で急激に温めるのは危険です。熱さを感じて緊張が生じ、血圧がさらに上昇してしまいます。
特に高齢者は熱めのお風呂を好む傾向が強くなります。これには理由があり、加齢とともに訪れる「感覚機能の衰え」です。
そもそも、湯がぬるく感じるなどの感覚機能の衰えが見られる場合は、心筋梗塞を疑うべきです。

また、熱い湯は危険であるだけでなく、熱くてすぐにお風呂から出てしまうようでは体が芯から温まりません。
40度以下のお風呂にゆっくり入ることをおすすめします。
朝風呂の適切な設定温度

コップ一杯のお水をお風呂に持ち込む

ゆっくり入浴すれば、じわじわと大量の汗をかきます。脱水症状になるのを防ぐため、少なくともコップ一杯の水をゆっくり飲みながら体を温めましょう。
image

入浴後にコップ一杯のお水を飲む

入浴で失った水分を補いましょう。
冬は水分を摂ることを怠りがちです。日頃からこまめに水分を摂る習慣をつけましょう。。
入浴後にコップ一杯のお水を飲む

※寝る前のコップ一杯のお水

朝風呂の危険性を防ぐためには睡眠前にお水を飲むことも有効です。

高齢者が入浴するときの注意

・できる限り朝風呂は控えましょう。心筋梗塞、脳梗塞などの心疾患や脳疾患が最も起こりやすいのが朝の時間帯です。入浴される場合は、起床後すぐにではなく、一時間ほど経って体温の上昇し、血圧が安定してからにしましょう。
・高齢の方は熱めのお湯を好む傾向がありますが、ぬるめのお湯で入浴しましょう。
・入浴するときは家族に一声かけましょう。異変があった時に気づいてもらえるようにして入浴しましょう。
・滑りやすい浴室では、入浴用手すりなどを取り付けて体を支えられるようにしましょう。