ウォーキングの効果

ウォーキングの特徴

  • いつでもどこでもできる!
  • 手軽にできるウォーキングはいつでもどこでもすることができます。
    通勤や通学、買い物時など、普段は自転車や車を使うところをウォーキングにすることでも手軽に行うことができます。

  • 身体への負担が少ない!
  • 運動強度の高くないウォーキングは身体への負担が少なく、安全に行うことができます。
    運動不足の人でも老若男女問わずに始めることができることもウォーキングの特徴です。
    とは言っても、運動効果が少ないものではありません!(これがポイント!)

ウォーキングの効果は?

  • 心肺機能の向上
  • たかがウォーキングと思うかもしれませんが、普段あまり運動をする機会が無い人にとっては、ウォーキングをすることで心肺機能の向上が期待できます。日常生活の中での息切れやバテを感じにくくなります。

  • 骨が強くなる(骨粗鬆症の予防)
  • 普段あまり運動をする機会が無い人は、骨が弱っています。骨は、重力による刺激や筋肉からの圧力による刺激を与えることで強くなります。歩いたり走ったりすることは、特に下半身の骨を強くすることになります。

  • 筋力のアップ(低下を防ぐ)
  • ウォーキングでの筋力アップは期待できる程ではありませんが、普段運動をしない人にとってはウォーキングでも筋力の強化を感じることができます。ウォーキングを習慣化すれば筋力の低下を防ぐことが期待できます。

  • 血行が良くなる
  • ウォーキングによって血管が刺激されることにより血行が良くなります。また、有酸素運動の効果として毛細血管が発達します。毛細血管の発達は、新陳代謝アップや美肌効果、その他身体の不具合を治しやすくすることになります。

  • 持久力の向上
  • 持久力の向上が期待できます。疲れにくい身体になります。

  • ストレス解消・自律神経を整える
  • ウォーキングは「セロトニン」の分泌を促します。
    「セロトニン」は、精神を安定させて興奮や不快感を鎮めるたり、ヤル気に必要な様々な脳内ホルモンの働きを助ける脳内物質です。
    また、景色や会話を楽しみながらウォーキングを行うことも一つのストレス解消法として有効です。

  • 脳を活性化させる
  • ウォーキングにより血行が良くなる脳にも酸素が送り込まれ、脳の働きを活発にさせます。

  • ダイエット効果
  • ウォーキングのように長時間続けられる運動は効率よく脂肪をエネルギーとして使用し、脂肪を燃焼させることができるのでダイエット効果が期待できます。

  • 生活習慣病の予防
  • 運動不足をはじめ様々な生活習慣が要因となって発生する諸疾病である「生活習慣病」の予防が期待できます。
    ウォーキングの継続で、血液の循環がよくなり、HDL(善玉)コレステロールが増え、動脈硬化などが予防されます。(これは運動の強度よりも量に関係します。つまり、ウォーキングを長時間行うことが効果的です。)

まとめると・・・
■身体的効果
心肺機能アップ、骨密度アップ、筋力アップ、血流量アップ、持久力アップ、脳細胞の活性化、脂肪燃焼ダイエット効果、コレステロール値低下、免疫力アップ、ホルモンのバランスを整える、むくみ解消、冷え性改善、内臓活性化、など。

■精神的効果
ストレス解消、自律神経の調子を整える、脳のリフレッシュ効果、など。

Be Sociable, Share!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。