奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

農薬が不可欠と言われるリンゴ栽培に「無農薬」で挑んだ農家の男「木村秋則さん」の苦難の連続から栽培成功を成し遂げるまでの記録です。
家計的にも精神的にも追い詰められ、一度は死を考えて行動してしまったのだが・・・
追い詰められて死を選択し、ロープ片手に森へと入っていった木村さんは死ぬ準備をしている時にあることに気付かされる。

「森の木々は人間の力を借りずとも力強く生い茂っている。」

自分のりんご畑とは違い、足元がフカフカと柔らかい森の土壌に気付いた木村さんは無我夢中で土を掘り始める。
どこまで掘っても柔らかい。
匂いを嗅ぎ、土を食べる。
全身で土を感じた木村さんは「これだ!」と気付く。

この出来事が悟りとなり、木村さんのリンゴ栽培の方向性はさらに変わっていった。

りんご畑に自然界のバランスを取り入れ、「排除」から「共存」へ。
木村さんのりんご畑にはそれから少しずつ微生物の数と種類が増え始め、生物の多様性が豊かになってゆく。
何年ぶりにかりんごの枝が伸び始め、ついに花も咲き始める。。

そして遂に、無農薬でのりんご栽培に成功するのである。

私はこの本を読み、
りんごの無農薬栽培の成功という偉業と同じくらい
木村さんの人格に惚れ、哲学に感動しました。

現在、木村さんは全国各地(時には世界へ)でりんごに限らず無農薬による農業の指導などもされているようですが、
その際、無農薬栽培で収穫したものを販売するときはできるだけ低価格で販売するようにみなさんに声をかけているようです。
そこには、無農薬野菜を贅沢品の一種に留めてはいけないという考えがあるようです。
農薬を使った野菜と無農薬の野菜が同じ価格で売っていれば、消費者は無農薬の野菜を買うようになる。
そうすれば、これまで農薬を使っていた生産者が無農薬栽培に興味を持ち始めてくれる。
多くの農家が無農薬栽培をすれば、地球の生態系が改善されていき、環境が取り戻されてゆく。

実は、私も無農薬栽培に興味のある小さな農地を持つ一人の人間です。
これまで、無農薬で栽培した作物をいかに高く売るかということばかり考えていました。

この本と出会ったことで、自分のための無農薬栽培ではなく、世の中に無農薬野菜を普及させる一人にならなくてはいけないと改心したのであります。

ビジョナリー・マーケティング―Think Differentな会社たち(栗木 契, 矢崎 和彦, 岩田 弘三)


ビジョナリー・マーケティング―Think Differentな会社たち (碩学舎ビジネス双書)

内容(「BOOK」データベースより)
金銭報酬からビジョンへ。働く人たちの求心力である「お金を稼ぐこと」が低下し、気持ちを奮い立たせる使命感と向き合う時代に。ビジョナリー・マーケティングとは、理念(ビジョン)を実現することで、企業の存在理由をたしかなものとし、働くことの意味や社会性を獲得していく顧客創造(マーケティング)の残された領域である。14人の経営者が語る「理念」の顧客創造。

【感想】
なるほど、企業やサービスのあり方は変わっていくんですね~。
まず、ビジョンですね。いいと思いました。

LOHASに暮らす(ピーター・D. ピーダーセン)


LOHASに暮らす

第一人者が語ったロハスをビジネスにする新しいマーケティング論。
内容(「BOOK」データベースより)

ココロとからだ、地球にやさしいライフスタイル「LOHAS」の紹介者として活動している著者が、LOHASをビジネスにする新しいマーケティング論を語る。LOHASな社会をつくり上げるヒントが詰まった一冊。
内容(「MARC」データベースより)

良本でした。
特に、日本における「市場圏」「生活空間」「政治・行政圏」のバランスの解説は共感です。私自身もずっとそう思っていました。デンマークのバランスと日本のバランスはあまりにも違いすぎる。日本では市民の声が国をなかなか変えられないという理由がよくわかりました。
持っておいて、たまに読み返したい本です。

親子で伸ばす学習戦略―最小の努力で最大の効果を生む中山式学習法(中山 治)

親子で伸ばす学習戦略―最小の努力で最大の効果を生む中山式学習法

小学生から高校生までの段階に応じた塾選びから参考書の活用、そしてムリ、ムダ、ムラをなくす方法まで。社会心理学者の著者が親子二人三脚、三人四脚でつかんだノウハウを惜しげもなん全公開。 (「BOOK」データベースより)

【感想】
子供いないんですが読みましたw
しかし将来子供ができた時に非常に参考になると思いました。
著者の「ゆとり教育」の解釈には賛成です。効率的に学習することで時間のゆとりを作り、その時間で友達と遊んだり運動したり趣味をさせたり・・・。こうでなくっちゃ!って感じです。
ただ、この本はかなりレベルの高い進路を希望される方向けに書いてあります。
しかも田舎に住んでいる私のような人間にはちんぷんかんぷんの学習塾の名前は大学の名前ばかり出てきます。
具体的な内容も多いので万人向けではないかもしれませんが、参考になる考え方がたくさん詰まっていると思います。

しかし、学歴も無く、大手有名企業に務めているわけでもない親が子供に有名大学に受験させるにはどうすれば良いのでしょうか。子供の意識をそちらに向けるのは大変難しい気がします。

【メモ】
・学習は、「理解-記憶-思考-表現」のプロセスで成立する。特に、「理解」と「記憶」は学習の柱。
・国語の教材は、教科書であれ、参考書であれ、必ず音読させます。声を出して読むことが国語に限らず語学の基礎となるからです。
・基本は、「国語」と「算数」に力を入れる。もう1つ力を入れるなら「英語」(小学生)
・国語はすべての教科の基礎。本を読むこと。好きな本を何でもいいからたくさん読むこと。たまには少し背伸びした本を読むことも大切。
・社会科は、時間があったら岩波や講談社の新書を読んでおくこと。これは教養をつけるということばかりではなく、社会科学系の小論文や受験の論述対策にも役立つ。
・中学生は抽象的思考能力の基礎ができ上がる時期

投資する力。―将来不安をなくす40代‐60代のための「蓄財戦略」(大西 好彦)


投資する力。―将来不安をなくす40代‐60代のための「蓄財戦略」

伝説の著名投資家に学び99%の確率で成功できる運用ノウハウ。人生を一変させ、安心・安全・安定を実現できるオンリーワンの革新的奥義。
内容(「BOOK」データベースより)

【感想】
私は20代ですが、読みました。
タイトルには「40代〜60代のための」とありますが、どうせ読むなら早いに越したことのない内容です。
むしろ40代から読んでも遅いと思うような内容でした。
投資と投機の違いについて何度も何度も違いを強調して警告させていました。
私はどちらかというと投機好きな性格なので気を付けないといけないですね。

【線を引いた文章】
「マイナスサムには手を出さず、ゼロサムでは一喜一憂せず、プラスサムの投資を心がける。」
「投資を続けていくことが大事」

レストランが作るこだわりの逸品から会議弁当やピザチェーンまで、出前・宅配の総合グルメサイト『ぐるなびデリバリー』

苔の話―小さな植物の知られざる生態(秋山 弘之)


苔の話―小さな植物の知られざる生態 (中公新書)

庭の隅や道端にひっそりと息づく苔たちは、見るものに安らぎを与えてくれる。インテリアとしても人気があり、美しい苔を求めて寺院や庭園を訪れる人も少なくない。ふだん見慣れた苔だが、その一生はどのようなものなのか?乾燥や寒暖など厳しい環境を耐え抜く適応能力の秘密とは?コケ植物の専門家が、知られざる生態をわかりやすく解説。私たちの生活や文化との深い関わりにふれながら、その魅力を余すところなく伝える。
内容(「BOOK」データベースより)

【感想】
苔が好きなの読んでみました。
苔についてかなり知識のある人になった気がします。
専門家により苔を色んな角度から解説されています。
苔に興味のない人にとってはもちろん退屈な一冊だと思われます。笑

陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎)


陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリは殴打される中年男に遭遇―天才強盗四人組が巻き込まれた四つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」がなぜか連鎖する。知的で小粋で贅沢な軽快サスペンス!文庫化記念ボーナス短編付き。
内容(「BOOK」データベースより)

【感想】
「陽気なギャングが地球を回す」の続編。この作品も楽しかった!
またまた4人の特殊能力が大活躍する世界を堪能しました。
またこのキャラが登場する続編が読みたい。そんな、寂しい気持ちです。

陽気なギャングが地球を回す(伊坂幸太郎)


陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。
内容(「BOOK」データベースより)

【感想】
特殊能力を持つ4人の登場人物が銀行強盗を行うが、色んなことに巻き込まれる物語。
その中でも成瀬の能力が好きだわ~。
キャラも格好いいし。
他にも響野、久遠、雪子。このキャラクターはこの小説だけで終わりかと思えば・・・なんと続編が!
是非読みたい。
それこちら↓

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
これまた面白そう。

九月が永遠に続けば(沼田 まほかる)


九月が永遠に続けば (新潮文庫)

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか―。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。
内容(「BOOK」データベースより)

【感想】
3週間ほど掛けて読んだ。
長かった。。
最後は、読みきったー!って感じだった。
意外な展開もありましたが、その展開に感動は覚えなかった。
ただ、一つ一つの文章には感動する事が多かった。
著者の沼田さんってすごく頭の良い人だなぁと何度思うことがあった。

八日目の蝉(角田 光代)


八日目の蝉 (中公文庫)

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか…。東京から名古屋へ、女たちにかくまわれながら、小豆島へ。偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そしてその後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶるラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回中央公論文芸賞受賞作。
内容(「BOOK」データベースより)

【感想】
グイグイ引き込まれるようなストーリーではなかった。しかし、1週間かけて読んだが、毎日ストーリーの中に戻りたくてしょうがない気持ちな7日だった。(どうせなら八日で読みきればよかった?)
多くの人にとっては非現実的なストーリーだが、もしかすると自分もこのストーリーの誰かと同じ立場に成り得ると考えることが多かった。
この話で出てくるような、白い建物の中で謎の集団生活が行われ、宗教団体を思わせながら自然栽培の野菜を作り、それを出荷して資金を稼ぎながら・・・1Q84(村上春樹)
にもこのような施設が出てきたが、社会風刺か何かなのでしょうか。少し前にそうゆうのが流行ってるのかな?(今でも?)

この小説は映画化されたので、次は映画を見たいです。
井上真央&永作博美のダブル主演。
ええ味出てそうです。